【添乗員が語る!!】おすすめの航空会社の選び方特集 in ハワイ

gf1420556577l

「ハワイ旅行を企画中だけど、航空会社ってどこがおススメなの?」

「どれでもいいけど今自分が予約している航空会社って大丈夫なのかな?」

とお悩みの方にお送りしたい今回の記事です!

ハワイに行くときに使うと想定される各航空会社についての特徴をお伝えします。

これを見れば航空会社についての不安はなくなる。そんな特集です!

 


1 日本からハワイに就航している航空会社の一覧

日本からハワイに行く時に利用する航空会社は、次の一覧です。

○JL:日本航空(日系)

○NH:全日本空輸(日系)

○UA:ユナイテッド航空(米系)

○DL:デルタ航空(米系)

○HA:ハワイアン航空(米系)

○KE:大韓航空(韓国系)

○CI:チャイナエアライン(中国系)

以上の7航空会社が日本からハワイに就航している航空会社一覧です。

それでは、各航空会社ごとにおすすめポイントとデメリットをお伝えします。

各航空会社の時刻表を確認したい方は、『【時刻表まとめたんだって】ハワイに行くときはこちらを事前にチェック』の記事を確認下さい。

 


2 各航空会社の特徴について

7つの航空会社にはそれぞれのメリットやデメリットの特徴があります。

どこの航空会社であれば自身に合うかを考えながら見てみて下さい。

 

2-1. 日本航空(JL)

jal

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA

○メリット

・機内エンターテイメントの充実(日本語字幕、邦画の豊富さ)

・羽田発の便がある(復路は夕方発なのでゆっくり滞在可能)

・便数が一番多い

・エコノミークラスでも受託手荷物(キャリーバックなどの預け荷物)が2個まで無料

・日本語が通じる、ホスピタリティが高い

・「新・間隔エコノミー」の導入により座席間隔が10cm広くなった

・JALを予約するだけで現地で使える特典(JALOALOカード)がついていることがある

・さくらラウンジが素敵

○デメリット

・便数が多い分、復路のホノルル空港チェックイン時に行列が出来ることがある

・料金が若干高い

総合的に見てもデメリットがほとんどなく、メリットが豊富なので非常におススメです!

日系という安心感とラウンジのクオリティも高いという点も加点です。

ハワイへ行く航空会社の中では一番のおすすめです。

 


2-2. 全日本空輸(NH)

ana

出典:http://careerpark.jp/keywords/11625/331

○メリット

・ユナイテッド航空のラウンジも使用可能で選択肢がある(United Club入会の必要あり)

・機内エンターテイメントの充実(日本語字幕、邦画の豊富さ)

・羽田発の便がある(復路は夕方発なのでゆっくり滞在可能)

・エコノミークラスでも受託手荷物(キャリーバックなどの預け荷物)が2個まで無料

・日本語が通じる、ホスピタリティが高い

・ユナイテッド航空のマイルも貯められる、スターアライアンス系列なのでマイル好きの方には嬉しい

○デメリット

・日系の競合JALに比べると便数が少ないという点

・料金が若干高い

空港ラウンジも選択肢が多いので、ゆっくりしたい方は嬉しいです。

マイレージ溜める、日系が好き!方におすすめです。

 


2-3. ユナイテッド航空(UA)

united

出典:http://www.travelvision.jp/smart/news/detail.php?id=45991

○メリット

・ANAのマイルも溜まって嬉しい

・飛行時間が少ない

・日系に比べると料金が安い

○デメリット

・機内食の評判があまりよくない

・機材が小さい、古いことが多い

・日系に比べて遅延や機材トラブルが多い

・アルコール飲料が有料

米系と日系の違いを多々感じることがあると思います。

ただし料金は良心的ですし、特にサービス面は気にしないという事であればおすすめです。

稀に機材によっては座席にモニターがついていないことも・・?

 


2-4. デルタ航空(DL)

delta

出典:http://hitoriokaken.com/?eid=30

○メリット

・スカイチームのマイルが溜まりやすい、特典航空券の取得が簡単でお得

・成田~福岡まで、主要空港から飛んでおり便数も多い

・日系に比べると料金が安い(ユナイテッドよりも若干安い印象)

○デメリット

・機内食の評判があまりよくない

・機材が小さい、古いことが多い

・日系に比べて遅延や機材トラブルが多い

ユナイテッド航空と機内時のアルコール飲料の有料以外、サービス面であまり大きな違いはありません。

マイルの特典が取りやすいという面についてはかなりのメリットがあります。

 


2-5. ハワイアン航空(HA)

hawaiian

出典:http://ranking.quest-seek.com/overseas-travel/2013-10-23-best-airlines-logos-30-air-seychelles.html

○メリット

・機内がハワイアンの空気で飛行機の段階からハワイ気分に浸れる

・羽田発のフライトがある。発時間も遅いので仕事終わりでも出発できる

・日本語が話せるCAさんも多い

・比較的航空券が安い

○デメリット

・成田発の便がなく、羽田発着便も遅いので現地日本到着時間が遅い

・羽田空港の端っこがゲートになるので、発着ゲートまで遠い

・マイルが溜めにくいが、ANAとの連携も噂に・・?

ハワイアン航空らしさは満載で、雰囲気は無機質ではなく楽しいと思います。

サービス面に関しては米系の会社なので比較しても・・というところですが、日本語を話すCAさんも多いということで安心感はありますね。

羽田発なのに料金が安いというのはメリットです。

 


2-6. 大韓航空(KE)

korean

出典:http://www.skyteam.com/ja/About-us/Press/Image-library/Members-logos/

 

○メリット

・CAさんのホスピタリティは日系にも劣らない

・機内エンターテイメントの充実(日本語字幕、邦画の豊富さ)

・機内食も美味しい

・比較的航空券が安い

・機材が新しいので綺麗

○デメリット

・成田発の1便のみで本数が少ない

・若干シートが狭く感じることも

大韓航空と聞くと「航空事故」という印象も持っている方が多いかもしれませんが、スカイチーム加盟後はそのような事はありません。

実はものすごくサービスも充実していて、軒並み評判は上々です。

日系と比較しても料金は安いので、個人的にはJALの後におすすめです!

 


2-7. チャイナエアライン(CI)

china

 

出典:http://www.skyteam.com/ja/About-us/Press/Image-library/Members-logos/

○メリット

・近年機内食の評判が上々

・日本語が話せるCAさんも多い

・航空券が非常に安い

(特にビジネスクラスも時期により非常に安くなるので気軽に使用できる)

○デメリット

・モニターはあるが、日本語吹き替えの数が少ない

・シート間隔が少し狭い

・成田発が1便だけなので本数が少ない

・日系に比べると機材トラブルや遅延が多い

近年評判を上げているチャイナエアラインです。

とにかく激安の航空券が魅力です。

安いので不安という声もあると思いますが、非常にコストパフォーマンスはいいと思います。

 


各航空会社の特徴、掴んで頂けたでしょうか。

個人的におすすめしたい航空会社は、総合的には『JAL』、コストパフォーマンスなら『大韓航空』ですね。

あくまで個人的な意見ですが、こちらの記事を見て参考して頂けると嬉しいです!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

元大手旅行代理店の法人営業として、旅行の営業・企画提案・添乗まで幅広く活躍。 死ぬまでにしたいことを300個以上制覇し、誰よりも笑ってこの世を去りたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、一緒に夢を見たり叶えれるサービスを行うために起業を決意。 現在はメディア運営と旅行サービスを行っている。