【添乗員が語る!!】おすすめの航空会社の選び方特集 in ハワイ

JL

「ハワイ旅行を企画中だけど、航空会社ってどこがおススメなの?」「どれでもいいけど今自分が予約している航空会社って大丈夫なのかな?」とお悩みの方にお送りしたい今回の記事です!ハワイに行くときに使うと想定される各航空会社についての特徴をお伝えします。これを見れば航空会社についての不安はなくなる。そんな特集です!

 

1 日本からハワイに就航している航空会社の一覧

日本からハワイに行く時に利用する航空会社は、次の一覧です。

○JL:日本航空(日系)

○NH:全日本空輸(日系)

○UA:ユナイテッド航空(米系)

○DL:デルタ航空(米系)

○HA:ハワイアン航空(米系)

○KE:大韓航空(韓国系)

○CI:チャイナエアライン(中国系)

以上の7航空会社が日本からハワイに就航している航空会社一覧です。それでは、各航空会社ごとにおすすめポイントとデメリットをお伝えします。各航空会社の時刻表を確認したい方は、『【時刻表まとめたんだって】ハワイに行くときはこちらを事前にチェック』の記事を確認下さい。

 

2 各航空会社の特徴について

7つの航空会社にはそれぞれのメリットやデメリットの特徴があります。どこの航空会社であれば自身に合うかを考えながら見てみて下さい。

 

2-1. 日本航空(JL)

JL

Photo credit: Christian Junker | Photography via VisualHunt.com / CC BY-NC-ND

○メリット

・機内エンターテイメントの充実(日本語字幕、邦画の豊富さ)

・羽田発の便がある(復路は夕方発なのでゆっくり滞在可能)

・便数が一番多い

・エコノミークラスでも受託手荷物(キャリーバックなどの預け荷物)が2個まで無料

・日本語が通じる、ホスピタリティが高い

・「新・間隔エコノミー」の導入により座席間隔が10cm広くなった

・JALを予約するだけで現地で使える特典(JALOALOカード)がついていることがある

・さくらラウンジが素敵

○デメリット

・便数が多い分、復路のホノルル空港チェックイン時に行列が出来ることがある

・料金が若干高い

総合的に見てもデメリットがほとんどなく、メリットが豊富なので非常におススメです!日系という安心感とラウンジのクオリティも高いという点も加点です。ハワイへ行く航空会社の中では一番のおすすめです。

 

2-2. 全日本空輸(NH)

NH

Photo credit: Christian Junker | Photography via Visualhunt.com / CC BY-NC-ND

○メリット

・ユナイテッド航空のラウンジも使用可能で選択肢がある(United Club入会の必要あり)

・機内エンターテイメントの充実(日本語字幕、邦画の豊富さ)

・羽田発の便がある(復路は夕方発なのでゆっくり滞在可能)

・エコノミークラスでも受託手荷物(キャリーバックなどの預け荷物)が2個まで無料

・日本語が通じる、ホスピタリティが高い

・ユナイテッド航空のマイルも貯められる、スターアライアンス系列なのでマイル好きの方には嬉しい

○デメリット

・日系の競合JALに比べると便数が少ないという点

・料金が若干高い

空港ラウンジも選択肢が多いので、ゆっくりしたい方は嬉しいです。マイレージ溜める、日系が好き!方におすすめです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

THE BUCKET LIST運営代表、夢追人、冒険家、起業家。 誰のものでもない自分の人生における、BUCKET LIST(死ぬまでにしたいこと)を一つでも多くやり遂げ、心豊かに仲間と笑い合いながら、「昨日よりも今日、今日よりも明日が楽しくなる」自分史上最高の毎日を迎えたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、夢を一緒に叶えられるSNSサービスを創るためにSynchronicity株式会社を共同創業。自分自身の夢を叶えることにも全力で取り組み、皆んなの夢も全力で応援して最高の人生づくりをサポートします^^