【死ぬまでにしたいこと】富士山ご来光を見るために登山!!

IMG_3786

こんにちは、管理人の渡辺です。

いやー。

先日行ってきましたよ。富士山!!!!

しかもご来光を見る、という圧倒的スーパー素晴らしい目標を持って!!!!

どうだったかと申しますと、、、、、、、

それは、これからご紹介する道のりと共に、その時の気持ちを表したいと思います。

富士山登頂を事前情報なしで行きたい方は絶対に見ないでください!ネタバレスーパーです。

 

1 富士山に行く駐車場に到着!!!の前に予期せぬことが・・

僕がご来光に挑戦したのは、金曜日。

仕事を18:00にフィニッシュさせ、そこから友人4人で富士山に向けて車を走らせました。

そして富士北麓駐車場に到着。

ここで着替えを始めました。

着替え

と、順調に来ているようですが、実は途中でトラブルがありまして。。。

富士山素人4名の勢いで出発したので、「富士山五合目」まで車で行けると思っていました。

が、実は五合目までは『マイカー規制』がかかっていて、自家用車では行けませんでした。

2016年7月10日(日)17時から8月31日(水)17時まで

がマイカー規制となります。

マイカー規制期間中は

①富士吉田IC近くの「山梨県立富士北麓駐車場」にマイカーを停める。
②シャトルバスまたはタクシーで富士スバルライン五合目(吉田口五合目)に向かう。

ということなんですね。知りませんでした。笑

僕らが気付いて駐車場に着いたのが22:00近く。

既にシャトルバスはなく、タクシーで向かうハメになりました。

トホホ。。。

 

2 なんとか富士吉田五合目に到着

僕らは初心者なので「富士吉田ルート」で向かう事に決めました!!

富士五合目

無事タクシーで、22:30過ぎに富士スバルライン五合目に到着。

深夜料金+富士スバルライン料金で14,000円くらいかかりました。。

装備は、軽い防寒着とヘッドライト、それから登り切るぞと言う気持ち

以上です。

ハバネロ

よくある、ベタですが山頂に持っていくとパンパンになるのか実験も行います。

ここ、既に五合目で2000mくらいあるのでパンパンです。笑

登山料

出発前には登山料ということで1,000円かかります。

結構登山ってお金かかるんですね。汗

では出発です!!!!!!

 

3 いざ、山頂へ向かうぜ!!!

出発

22:45くらいに出発です。

仕事終わりでオールで登って帰ってくる、というアホです。

夜景

綺麗な夜景を横目に、ズンズンと進んで行きます。

何故か最初は物凄い勢いで下っていきました。

光

逆走しているのかと焦りました。

道は真っ暗ですが、ヘッドライトのおかげ様で明るいですね。

トンネル

雰囲気ちょっと怖いトンネルもありますな。

休憩所

最初の休憩所のような場所に到着しました。

五合目看板

看板を見ると、、、、、、、、

ここから山頂まで、約6時間・・・・・・

気合入ってきましたね。

ご来光に間に合うか心配です。

勇者の道

とりあえず、向かっている時に暗かったので、急な上り坂の方ばかり攻めていました。

最初からめちゃめちゃ坂きついなと思ったら、後々聞いた話ではルート上の道を外れていたそうです。笑

「勇者の道」

と名付けておきました。

七合目

勇者の道のショートカットで、結構早目に七合目まで到着しました!

ヘッドライト、イカシテマスネ。

0:00前後くらいに着いたんですが、ここの人曰くご来光まではギリギリだそうで、、、

ヤバし!!!!

IMG_3713

初めて山小屋に入りましたが、いい雰囲気ですね。

是非一度は泊まってみたいですね。

ベースキャンプで登る、っていう夢も付け加えておこうかな!!

岩

七合目を過ぎると、岩道が表れました。

岩と鳥居

中々厳しい道が続いております。

僕らは最後の方から出発なので、ようやく人に会えるところまで追いついた感じですね。

元気

いやーーーー。

ジムに行ってるおかげで、全然元気です。笑

※僕は半袖ですが、7合目あたりから半袖は僕だけでしたので防寒をオススメします。笑

若干空気が薄いのが気になりますが、、、

また岩

うおっと!

これから岩が続きますねーーーー。

急な階段

階段も急になってきたぜいこれ。

八合目

そして・・八合目到着!!!!!

ここまで長かった、、、笑

だいたい1:00頃

ご来光余裕!と思っていたらまだ落とし穴が・・・

まだまだ行けます!!!!!

八合目山小屋

八合目まで来ると沢山の人で賑わってました。

驚いたのが外国人の方の数!!!!

半分以上は訪日の方でしたね。

舗装

ここからは混雑してきますよ~。

急な階段 混雑

あちゃーーーーーーーー。

すごい混みようです。

ここから山頂まで混んでるそうです。。。

中々進まない、、、

ルイージ

何故か富士山にルイージを発見しました。

マリオはどうしたルイージ。。

八合五尺

八合目は登ってみると分かりましたが、かなり長いです。。汗

余裕で1時間~2時間くらいはかかりますね。

ここの時点で3:00くらいになってました!!

ご来光の予測時間は4:50くらいだったのでピンチです!!

ご来光館

山頂に最も近い山小屋を発見。

ここからはラストスパート!!!!

ラストスパート開始

ヘッドライトで照らされた光の道が出来てて美しい・・

鳥居

少しずつ進みながら鳥居が目の前に。

鳥居の金

柱をよく見てみると、お金が隙間に沢山。

何の意味があるんでしょうか。笑

九合目

ようやく九合目に到着!!

ここで3:45ぐらいに、、、

本当にヤバい!!!!!!!!!!!!

下の光の道

下を覗くと、そこにはまたしても光の道が・・・・

頂上までの道

頂上までの道が見えました!!!

夜空には煌めく星があり、ファンタスティックです。

もう一回言うと、ふぁんたすてぃっくです。

朝陽

そして空も少しずつ明るくなってきました。

これは間に合うのか・・

絶対にヤバい!!!!!!!

と思いながら進んでいると・・・・

頂上の鳥居

きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあxxwcw

山頂を示す鳥居を発見!!!!!!!!!

何とか山頂に到着しました!!!!!!

時間は4:30。

ご来光はまだ

空を見ても、まだまだご来光はきていません。

ホッと一息。。

行列で進めない時間も含めて約6時間。登り切りました!

あ、小学生や女性の方も登ってたので全然行けますよ!!!!

 

3 山頂で遂にご来光を・・・

頂上で待機

バッチリな写真とビューポイントを確保し待機です。

雲海もヤバいっすね。これやばいっす。

逆光

雲海とご来光前の記念に写真撮ろうと思いましたが、ウルトラスーパー逆光。

僕じゃなくてもバレませんね。

IMG_3771

続々と人も集まり、いよいよって感じです!!!

さぁ始まりますよ~。

言葉はいらねぇです。

IMG_3773 IMG_3774 IMG_3826 IMG_3829 IMG_3830 IMG_3831 IMG_3835 IMG_3840 IMG_3844

どうでしたでしょうか??

僕の言葉で表すと、

「bふいcpヴぃへあろ@fch:えあjvれ。ぴや。」

って感じでした。つまり言葉になりませんでした。

山頂記念に撮影も欠かせませんね。

山頂

大量に人がいましたが、何とか山頂記念ショット!!!!

僕は余裕で目をつぶっていますね。

持ってる。

IMG_3779

びよーーーん。

もう一回だけ調子に乗らさせてください。

この時、寝てない+疲労+寒さでテンションがオカシイやつです。

IMG_3777

別アングルでもパシャリ。

すんごいっすね。

 山頂の様子

とにかくご来光の時間帯はこんなにピークなんだ、という事を学びましたな。

山頂山小屋

山頂山小屋は、厳かな。

その・・・厳かな、なんとか的な雰囲気があります。

お鉢めぐり

もっこり山にも沢山の人が。

あそこのもっこりは、富士山のお鉢周りだそうです。

そしてそして、次がベストショット

ベストショット 雲海

朝陽・雲海・富士山

=パーフェクト

ここに新しい方程式が生まれました。

決めた、年1でここには来る!

おっと。

スーパーベタ実験結果を忘れてました。

実験

こちら。

ぷっくり

やっぱりぷっくりしてますな。

行きよりも可愛い感じで仕上がってます。

IMG_3792

もっこりお鉢から撮った山頂山小屋周辺の写真です。

ここも美しいですな。

 

4 お鉢めぐり~日本最高峰へ

富士山の山頂に着いただけでは日本最高峰とは言えない。

って知ってました???

富士山の最高峰は「剣ヶ峰」って場所です。

噴火口

それが噴火口を挟んで反対側に見える、あの一番高い場所。

それが3776mだそうです。

行くしかないでしょ??っしょ??

剣ヶ峰へ

いあやーーーーー。

富士山登った後から更に痛めつけくるぜ。

結構な坂をクリアしなければ。

  山

途中横目に見える下の景色。

圧巻です。

ここを歩いていると、自分が富士山の頂上のお鉢を歩いてるんだな、と実感します。

最後の坂

本当に本当にラストスパート。

高所で空気も薄く、ハァハァ言うと頭痛いっす。

富士山の最高峰

じゃーーーーーん!

ついたぁぁぁぁぁあああああ!!!!!

イチバーーーーーーン。

満足じゃ満足じゃ。

溶岩の様子

富士山が噴火し溶岩が溢れ出て流れた痕跡が、上からも見て取れました。

やっぱり、富士山山頂の山小屋までではなく、この剣ヶ峰に来てこそ意味があります。

一つ言うと、周回で1時間くらいかかります。笑

覚悟してから向かいましょうね。

 

5 さらばだ。富士山

ご来光、お鉢巡り、山頂の空気

ふぁんたすてぃっくでした。

満喫し、眠くて倒れそうなので帰りましょう。朝の7時です。

帰り道

帰り道は同じような道が続きます。

登ってきた道

おおおーーーーー。登ってきた道、初めて見た。

地獄

同じ道で良い景色だけどある意味地獄なり。笑

看板

帰りも案内の看板が所々に立っています。

行きよりも早いですが、膝や足へのダメージが甚大。

霧

霧も甚大。

大変です。さっきまでの天候が嘘みたいだなーー。

持ってましたね完全に。

霧の中

霧の中を、同じような道をドンドン行きます。

結構急な坂で砂道なので、滑ります。

杖みたいなやつはマストです。

持ってなかったので、友人は膝ブレイクしました。笑

休憩所

休憩をはさみつつ、ゆっくり帰りまっしょい。

馬

帰りながら馬とすれ違いました。

って馬!?!?!?!?!

眠さで幻覚かと思いましたが、リアルでした。

荷物とか運んでるみたいっす。

ここからちょいと雰囲気がやっと変わって~

楽しく帰還。

かわった道 下り道 森の中

ようやく最初の場所まで帰れそうです!!!!

最後の森

最後の森を抜けてーーーーーーーーーーー

ゴール

遂に帰ってきました!!!!!!

ようやく帰ってきました!!!!

帰りは約2時間40分で着きましたね。9:40くらいです。

昨日の22:00~ここまで、とにかく充実した12時間でした。

IMG_3825

昨日は暗くて見えませんでしたが、ここが富士スバルライン五合目だそうです。

ここから最初の駐車場までシャトルバスで帰りましたの。

 

6 細かい情報を一応知っておきましょう

富士登山する前には、最低限アクセスやバスの事は知っておきましょう。

僕みたいに無駄なお金や時間がかかっちゃいますよ。汗

 

6-1 シャトルバス(富士スバルライン)

  • 山梨県立富士北麓(ホクロク)駐車場~富士山五合目(富士スバルライン五合目)
  • 運賃:片道1440円 / 往復1860円(子供半額)
  • 所要時間:登り45分、下り35分
  • 問い合わせ先:富士急山梨バス・本社営業所 0555-72-6877
  • シャトルバス時刻表:30分間隔で運行「
    • 行き
      • (月)~(木)、(日)→5:30~19:30
      • (金)、(土)、7/17、8/10→4:30~19:30
      • 7/10→17:00~19:30
      • 8/31→5:30~17:00
    • 帰り
      • (月)~(木)、(日)→6:20~20:30
      • (金)、(土)、7/17、8/10→5:20~20:30
      • 7/10→18:00~20:30
      • 8/31→6:20~18:00

 

6-2 富士北麓駐車場の住所

山梨県富士吉田市上吉田5597-84
(中央道 河口湖ICから5分、東富士五湖道 富士吉田ICから1分)

 

6-3 駐車料金など

  • 駐車可能台数:1,400台
  • 駐車料金:1回1,000円
  • 利用時間:マイカー規制期間中は24時間
  • 問合せ:0555-72-9900(山梨県立富士北麓駐車場観光案内所)

 

6-4 カーナビ設定

  • 住所:山梨県富士吉田市上吉田5597-84
  • 電話番号:0555-72-9900
  • 富士北麓駐車場
  • 富士吉田IC

 

6-5 タクシー

  • 北麓駐車場から五合目所要時間:45分
  • 料金:片道目安11,000円+有料道路往復料金2,060円(普通車の場合)
  • 割増料金:深夜22:00-早朝5:00 はメーター料金2割増
所在地 会社名 電話番号 フリーダイヤル
富士吉田市 神尾タクシー 0555-23-0123 0120-09-3210
起和タクシー 0555-22-3126 0120-22-3126
三立タクシー 0555-22-4545 0120-11-4545
十三番タクシー 0555-22-0013 0120-57-0013
フガクタクシー 0555-22-3132 0120-66-3132
富士急ハイヤー 0555-22-1800 0120-81-8229
吉田タクシー 0555-22-0378 0120-60-0378
富士河口湖町 イビシタクシー 0555-72-1077 0120-20-2580
富士急ハイヤー 0555-72-1231 0120-81-8229
吉田タクシー 0555-73-1999 0120-60-0378
忍野村 忍野タクシー 0555-84-2535 0120-84-2535
山中湖村 共和タクシー 0555-62-1313 0120-38-1313
山梨貸切自動車 0555-62-0149 0120-62-0053

 

7 まとめ ~ご来光登山を終えて~

色々なこと思いました。

でもこの一言に尽きます。

「最高」

一生の想い出に必ずなると思います。

あの達成感やふぁんたすてぃっくなご来光や雲海、見過ごすなんて勿体ない!!!

僕はこの気持ちを忘れることなく、来年から年1度は富士登山したいなと思いました。

皆さんも少しでも興味あるのなら挑戦してみてください!!

初心者や学生、女性でも全然行けますよ!応援してます!!!

来年はもう少し精神的にも余裕を持って行きたいね~。。。

 

IMG_3786

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

THE BUCKET LIST運営代表、夢追人、冒険家、起業家。 誰のものでもない自分の人生における、BUCKET LIST(死ぬまでにしたいこと)を一つでも多くやり遂げ、心豊かに仲間と笑い合いながら、「昨日よりも今日、今日よりも明日が楽しくなる」自分史上最高の毎日を迎えたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、夢を一緒に叶えられるSNSサービスを創るためにSynchronicity株式会社を共同創業。自分自身の夢を叶えることにも全力で取り組み、皆んなの夢も全力で応援して最高の人生づくりをサポートします^^