ハワイでサーフィン
ハワイ in America AREA ITEM サーフィン ファッション

【永久保存版】ハワイでサーフィンがしたい全ての人へ

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

「最高の気候と波の中で、気持ち良く波に乗りたい!!」

このような想いを持ち、ハワイでサーフィンを計画されていませんか??

本格的サーフィンに挑戦する方、ハワイで初めてサーフィンに挑戦したい方。

毎年沢山のサーファーが聖地ハワイに集結しています。

今回はハワイのサーファーに愛されている、サーファーにおすすめのビーチやレッスンをご紹介します。

これを見ればアナタも地元サーファーの仲間入り!?できる情報です。

 

1 ハワイでサーフィンをする際に覚えておきたい5つのこと

ハワイでサーフィン

出典:http://www.freestylehi.com/film.htm

日本とは勝手が異なるハワイでサーフィンをする=日本と同じ感覚で大丈夫!!

という訳にはいかないのが海外です。

いくつか注意したり、覚えておきたい点もあるので是非ご覧ください。

 

1-1 時期

ハワイの気候は日本のように四季ではなく、単純に『夏と冬』の2種類に分けて考えましょう。

2つの時期を比べると、

◆夏の時期(4月~9月)は、波が比較的穏やか ⇒オアフ島南側が比較的波が高い
◆冬の時期(10月~3月)は、大会やプロなども集まるほど波が高くなる ⇒ オアフ島北側の波が高い

極端な例でお話ししていますので、一概には言えませんが単純に考えるとこのような感覚です。

上級者は『冬の時期』がベストで、初級者~中級者の方は『冬は避ける』と考えると良いです。

とはいえ、ノースショアと呼ばれるオアフ島サーファーの聖地など極度に波が高く人気の高い場所に限られるので、安心してください。

地域により夏の方が波が高かったり、冬は弱かったりします。

 

1-2 レベルごとにポイントがある

後程詳しく紹介しますが、ざっくりとレベルごとにポイントをお伝えすると、

◆初心者 ⇒ ワイキキビーチなどの砂地
◆中級車 ⇒ ダイヤモンドヘッドやアラモアナなどの手頃な波をキャッチできる場所
◆上級者 ⇒ 聖地ノースショアで果敢にもビックプレイに挑戦

このようにレベルごとに場所が少し変わることも覚えておきましょう。

 

1-3 服装

ハワイでサーフィンをしている方を見ると、「男性はサーフパンツのみ」「女性はビキニ」というスタイルを見掛けます。

しかし『上半身にはラッシュガードを着る』ことをおすすめします。

ラッシュガード

出典:http://www.nakisurf.com/swimwear/seea/product/doheny-rashguard/

理由は以下の2点です。

◆ハワイの日差しや紫外線は想像以上にすごいため、日焼け防止策
◆サーフボードと体の擦れを避けるため
◆女性はビキニがずれることも多く、万が一を避けるため

 

1-4 注意事項

注意点をまとめて確認しておきましょう。

◆ウニのトゲに注意!浅瀬での波乗りで体をぶつけたり、足の裏に刺さることも
◆前乗りなど日本と同様にサーフィンの最低ルールはおさえる

サーフィンの最低限知っておきたいルールについては、こちらのサイトさんで確認しましょう。

 

1-5 初心者の方はレッスン参加の方が絶対に良い

人生初めてのサーフィンがハワイ、または2,3回目のプレー、という事もあると思います。

この場合には十中八九レッスン参加で体験することをおすすめします。理由は以下の通りです。

◆レッスン中はガイドが付きっきりなので安心
◆衝突などの事故、足場が悪いことに怪我の発生を軽減できる
◆ルールが分からなくても全部教えてもらえる
◆全員に初心者である事を分かってもらえて優遇される
◆現地で全てレンタル出来るので、道具を準備する必要がない

などなど、本当に多くのメリットがありますが『安全で的確なアドバイスをもらえる』という最大の利点が大きいですね。

後程おすすめのサーフィンレッスンのご紹介をさせて頂きます。

 

2 初心者~上級者におすすめのビーチ5選

早速おすすめのビーチを確認していきましょう。