【ハワイ留学の基礎知識①】学生ビザって何だろう??

カイルア

ハワイに留学する上でまず疑問に思うのが『学生ビザ』ではないでしょうか?

学生ビザには『F-1ビザ』『M-1ビザ』などの種類があります。

提出書類の準備や大使館での面接が必要になってきます。

この詳細についてまとめてみましたので、是非ご覧ください。

 

1 学生ビザが必要な条件


下記のいずれかに該当する方は学生ビザが必要です。

『90日』を超える期間の滞在で学校へ通う方
②滞在期間に関わらず、週18時間以上のプログラムを受講する方

 

2 学生ビザ


学生ビザ

出典:http://www.e-usvc.com/

ビザには2種類あると覚えておきましょう。

 

2-1 F-1ビザ

最も一般的な学生ビザと呼ばれているのがこちらです。

語学学校やコミュニティカレッジ、大学、大学院などへ通うためのビザです。

週18時間以上の授業を受ける場合も F-1 ビザが必要です。

 

2-2 M-1 ビザ

専門学校や職業訓練プログラムのような職業的教育、または研修を受けることを計画されている場合はこちらです。

こういった米国留学の詳細情報については、『米国教育省』のサイトを参照ください。

 

3 どれぐらいの期間が必要??


ビザの申請をする為には、提出書類の準備や大使館での面接等も必要になってきます。

I-20(次の章でご紹介)が中々届かなった、面接予約の希望日程が取れなかった、など予想以上に時間がかかる場合があります。

特に夏季(6,7,8月)はビザ申請の繁忙期になるので、余裕も持って進めましょう。

 

3-1 申請・面接

ビザの申請と面接については、学校開始日の『120日前』から可能です。

面接予約は面接日の3か月前から可能です。

 

3-2 パスポートにも注意

パスポートの有効期限にも注意です。

滞在期間に加え、6か月間の有効期限が必要です。

※パスポートの有効期限が1年未満であれば更新できます。

 

4 I-20とは?


アメリカ政府から許可を受けた学校から、留学生に交付される『入学証明書』のような書類です。

学生ビザを申請する時には必ず取得しなければありません。

留学の期間を通してパスポート・ビザと同様に重要な書類です。

 

5 ビザ取得に必要な費用


学生ビザの申請料は以下の通りです。

学生ビザの取得費用 $160
SEVIS 管理費 $200

 

6 SEVIS


sevis

出典:http://www.whoi.edu/HR/page.do?pid=16669

ビザの申請前には『SEVISの管理費』を支払う必要があります。

同時多発テロ以降に設置された監視・取締を目的としたシステムです。

ビザを取得して入国した留学生や交流訪問者のデータをオンライン上で管理し、共有しています。

 

7 学生ビザな不要でもESTA申請はマスト


ESTA申請

出典:http://www.spctour.jp/esta.html

週18時間未満のプログラムに参加する場合は、ビザ免除プログラムでの入国が必要です。

電子渡航認証システムなので、申請はこちらのオンラインシステムで行います。

滞在期間は90日以上に限定されます。

申請料は$14で、クレジットカード支払のみとなります。

有効期間は2年となるので、一度取得した方も注意しましょう。

 

8 面接について


ビザを申請した後、大使館において面接が行われます。

そんな面接なの?と不安になる方も多いと思うので、以下の動画を見て備えましょう!

 


ハワイ留学の基礎知識であるビザの説明、いかがでしたでしょうか??

とにかく余裕も持って早目に取り組むことが必要ですね。

少し面倒な点も多いですが、これを済ませば楽しい留学が待っています!

早目に行動を心掛けて申請しましょう。

留学全般の情報については『【完全保存版】ハワイ留学の準備・手続き・保険・携帯・カードについて』を参照ください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

THE BUCKET LIST運営代表、夢追人、冒険家、起業家。 誰のものでもない自分の人生における、BUCKET LIST(死ぬまでにしたいこと)を一つでも多くやり遂げ、心豊かに仲間と笑い合いながら、「昨日よりも今日、今日よりも明日が楽しくなる」自分史上最高の毎日を迎えたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、夢を一緒に叶えられるSNSサービスを創るためにSynchronicity株式会社を共同創業。自分自身の夢を叶えることにも全力で取り組み、皆んなの夢も全力で応援して最高の人生づくりをサポートします^^