【死ぬまでにしたいこと】スカイダイビングのライセンス取得!

スカイダイビング

こんにちは!!!

先日、山梨県の昇仙峡に行ってきました渡辺です。

昇仙峡

新緑の時期でとっても綺麗で、心豊かになる場所でした。

東京から車で2時間30分程度で着きますので、是非紅葉の時期に行かれる事をオススメします。

 

さて、今回の死ぬまでにしたいことリストの内容は

『スカイダイビングに一人で挑戦する』です。

そのためにはライセンスが必要なんて話もチラホラ。

もう少し詳しく調べて、挑戦する時に見返せるものとして完璧に記録しておきたいと思います。

 

1 スカイダイビングを一人で飛ぶためには

スカイダイビング

出典:http://www.sky-diving.com/tandem.html

一般的に有名なのが

『タンデム スカイダイビング』

と呼ばれるものですが、これは2人乗りを表していて、インストラクターと一緒に飛ぶことです。

タンデムスカイダイビング

出典:http://blog.livedoor.jp/mitchyworks/archives/cat_50029044.html

お金さえ払えば一人でスカイダイブ出来る、という訳ではなさそうですね。。

調べた限りではスクールや実践経験が必要とのことです!!

 

2 スカイダイビングスクールに通ってライセンスを取るまでのステップ4

ライセンス

出典:http://miner8.com/ja/44105

一人で自由に空を飛びには、段階を踏んでトレーニングをする必要があるそうですね。

まずはスクールに通うこと!!!

 

2-1 ステップ1:書類提出

スクールに入学するために一番始めに行うことは、必要書類の記入と提出です。

 

2-2 ステップ2:地上(グラウンド)講習

スカイダイビングに必要な基礎知識を頭に入れます。

実際に現場に出る前に、必要事項を覚え実践していくというイメージですね。

 

2-3 ステップ3:AFFトレーニング

ここから実践トレーニングとなるそうです。

トレーニングレベルが1~7まであります。

AFFレベル1 空中姿勢、PRCP、高度の認識、実際のプル
AFFレベル2 左右ターン、前進
AFFレベル3 リリースダイブ、ホバーコントロール
※ここまでインストラクター2名程度
AFFレベル4 ヘディングコントロール
※ここからインストラクター1名程度
AFFレベル5 単独での左右ターン、前進
AFFレベル6 ソロエクジット、バックループ
(ソロでの飛行機から飛び出しなど)
AFFレベル7 バームアウト、卒業検定
(水泳の飛び込みようなジャンプ)

ここではインストラクターと一緒にジャンプを繰り返し行い、実技レベル向上を目指します。

 

2-4 ステップ4:卒業検定

AFFレベル7まで行くと、晴れて卒業検定を受けること出来ます。

これまで取得したジャンプの技術をインストラクターの前で披露し合格すれば、、、、

一人(ソロ)でのスカイダイビングが可能になります!!

※ここまでの流れはスクール例ですので、各校により若干の異なりはあると思います。

 

2-5 補足:卒業してもとにかく飛ぶ

スクールを卒業し、一人でもスカイダイビング出来るようになっても正式なライセンスは取得できません。

このライセンスを取得出来るまでは、一人のスカイダイブも間接監督下になってしまいます。

ではどうすればライセンス(Aライセンス)が取得できるのか?

『スクール中も含めて25回以上のジャンプ』

これでライセンス取得条件は全てクリアで、Aライセンスを取得することが出来ます。

<取得したら何が違う??>

・間接監督下はいらず、一人でソロダイブを何度でも楽しめる
・2名以上でのグループスカイダイビングを楽しめるなど

 

3 どれ程度お金がかかるのか

どの程度お金がかかるのか

出典:http://wonderfulstyle.jp/column/variety/which-expensive/

2章で紹介した内容でどの程度お金が発生するのか、併せて平均的な金額を調べてみました。

 

スカイダイビング

死ぬまでにしたいことを一緒に叶えませんか?

明日死ぬなら何をしますか?死んでしまう日を宣告されたらそれまでに何をしますか? 時間は有限で、自分が死ぬまでに出来る事は限られていますよね。 人生をより楽しく、より豊かにしたいと私はいつも考えています。一人でも多くの”人生最高の瞬間”を作りたい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

元大手旅行代理店の法人営業として、旅行の営業・企画提案・添乗まで幅広く活躍。 死ぬまでにしたいことを300個以上制覇し、誰よりも笑ってこの世を去りたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、一緒に夢を見たり叶えれるサービスを行うために起業を決意。 現在はメディア運営と旅行サービスを行っている。