日本人が気を付けるべきハワイの詐欺手法6選

ハイビスカス

ハワイの南国の雰囲気に、心も開放的になり小さいことは気にならなくなる。そういう時ってないですかね??楽しくなって警戒心も薄れて、更に海外慣れしていない日本の方は詐欺に遭う可能性が非常に高いです!しかし事前に手口を知っていれば対応はいくらでも出来ます!その手口と対処法をこちらの記事にまとめてみましたので是非ご確認ください。

 

1. ホテルの歓迎以外でレイをかけてくる

カラカウア大通りなど、ワイキキの中心地などで頻繁に起こっている事例です。にこやかな男性が近づき、あれよあれよとお金を要求されるんですね。

 

<手順>

①手にはレイを持ったにこやかな男性が近づいてきて

ジャパニーズ??

ゲンキデスカー??

と話かけてきます。

②無造作にレイを首にかけてきます。

③寄付金を要求。

寄付してくれー、という趣旨の話のカタコトの日本語を延々語りかけてきます。

「ホームレスのための・・」「学生だから・・」みたいな趣旨です。

④払っても追加で要求してくる

しつこ過ぎて$20払うと、更に要求され最大で$50まで要求されます!!

 

<対処法>

とにかく無視しましょう。「No,thank you」で優しい笑顔で対応しなければ大丈夫です!

 

2. 警察もどきの屈強な男

ワイキキビーチとハイアットリージェンシーの間にある『交差点』。この辺りで警察官のような制服を着た男性からの詐欺です。横断歩道等での取り締まりが厳しいハワイならでの巧妙な手口!!

 

<手順>

①横断歩道を際どいタイミングで渡ってしまと、声をかけられます。

警察かと思い、ビクビクしていると

「ヒゲ剃ってないねー」のような意味不明な日本語で話しかけれます。

②警察でないことを明らかにして安心させた後、変なステッカーを渡してきます。

同時に日本人の名前が書かれたノートを広げ署名を求めてきます。

③署名と同時にボランティアで寄付金を集めているといい$20要求してきます。

「ハワイの自然保護のために・・」などの趣旨で話します。

④署名と募金があるまでしつこく食い下がってきます。

 

<対処法>

同じような手順で話かけられたら無視です。ずっと日本人を狙っているので数打ちゃ当たる方式で攻めてきます。スルーして歩けば大丈夫です。

 

3. オウムと記念撮影

オウムを乗せたおじさんには要注意です!これもカラカウア大通りに出没するおじさんです。

 

<手順>

①オウムを勝手に肩に乗せてきて写真を撮ってきます。

②撮ったと同時に高額な請求をされます。

払うまでオウムを肩から離してくれない、払うまで相当しつこいです。

③このオウムおじさんを勝手に撮影しても金額請求されることがありますのでご注意を。

 

<対処法>

オウムを引き連れて笑顔で近づいてくる怪しい男性がいれば、目を合わせないようにしましょう。

肩に乗せられそうになったらスルーしましょう。

 

ハイビスカス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

THE BUCKET LIST運営代表、夢追人、冒険家、起業家。 誰のものでもない自分の人生における、BUCKET LIST(死ぬまでにしたいこと)を一つでも多くやり遂げ、心豊かに仲間と笑い合いながら、「昨日よりも今日、今日よりも明日が楽しくなる」自分史上最高の毎日を迎えたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、夢を一緒に叶えられるSNSサービスを創るためにSynchronicity株式会社を共同創業。自分自身の夢を叶えることにも全力で取り組み、皆んなの夢も全力で応援して最高の人生づくりをサポートします^^