バリ島 物価 旅行
AREA バリ島 in Indonesia

バリ島旅行を満喫させたい方必見!物価情報・費用を解説!

東南アジア屈指のリゾート地として多くの方に愛されるバリ島(インドネシア語:Bali)。

セブ島やハワイと並んで人気の観光地であり、豊かな自然とそれを思う存分楽しむことができるアクティビティ、豊富なお土産など、バリ島の魅力をあげたらきりがないほど。

短期の旅行はもちろん、その魅力から長期滞在により現地での生活を決める方も少なくありません。

そんなバリ島への旅行を考えている方が、まずはじめに考えるのが「バリ旅行ではどれくらいの費用がかかるのか」ということですよね。

やはり旅行に行くのに宿泊費や外食費などの相場が分からなければ、いくらお金を用意すればいいか迷ってしまうものです。

そこで今回は、バリ島の物価について紹介していきます。

1 バリ島の物価について

バリ島 物価 情報
出典:https://www.skygate.co.jp/sa_city/oversea/dps_prices_fe

近年ますます物価情報が激しいと言われているインドネシア。

特にバリ島では、もう何年もインフレ傾向が続き、去年行ったときに比べ値段が倍近くになっているということもあるほどです。

物価や両替情報など、ここでは、旅行前に知っておくと便利なバリの通貨や、旅行にかかる大凡の費用、観光スポットの入場料などの物価をわかりやすく紹介します。

1-1 バリ島の通貨と物価水準は?

バリ島 物価 物価水準
出典:https://www.balirisingtours.com/jp/html/blog/2016/06/17/bali-exchange-rate/

ここでは、バリ島の通貨と物価について紹介します。

まずはじめにバリ島の通貨は、インドネシアルピア(Rupiah:略してIDRやRp.と表記します)です。
以前はUSドルも使用できたのですが、2015年7月以降、すべての支払いにルピア使用が義務化されました。

また、金額を書くときは、Rp.10,000 や、 50,000rp などと書きます。

ルピア紙幣は Rp.1,000(10円)、Rp.2,000(20円)、Rp.5,000(50円)、Rp.10,000(100円)、Rp.20,000(200円)、Rp.50,000(500円)、Rp.100,000(1000円) の7種類があり、桁数が多いので混乱してしまいますが、日本円で幾らか大体の計算したい時は、単純に0を2個取ればOKです。

例えば Rp.50,000(5万ルピア) だったら500円、Rp.100,000(10万ルピア)だったら1000円と考えてください。

バリ島 物価 通貨
観光地として人気のハワイには、チップ(Chip)を渡すという習慣がありますが、バリ島は基本的にはそのような習慣はありません。
両替に関しては、日本国内でのルピアへの両替は、あまりレートが良くないと言われており、日本円からの両替は空港、銀行、街中の両替所、ホテルなどですることができます。

しかし、高級ホテルやレストラン、その他特別なサービスを受けたら渡すとスマートで、タクシーに乗った時などは、少額のお釣りは受け取らないのが慣例です。

一般的に街中の両替所のレートが良いと言われています。

インドネシア国内ではATMが広く普及していることもあり、現金の両替よりもカードでのキャッシングの方がレートが良く、便利な場合もあります。

また、バリ島(インドネシア語:Bali)はカードの流通度が比較的高く、観光地や都市部の中級以上のホテル、観光客向けの施設で利用できます。(一部カードプランが使えないこともあるので注意してください)

バリ島(インドネシア語:Bali)で最も広く使われているクレジットカードは、「VISA」と「Mastercard」です。

クレジットカードで支払いをする際、日本ではカードの使用手数料を店側が負担しますが、バリ島(インドネシア語:Bali)では「支払い代金に2〜5%を手数料として利用者が負担する」という習慣があります。

その為、クレジットカードで支払う場合、支払い内容と上乗せされる手数料をよく確認してからサインするようにしましょう。

1-2 バリ島旅行を満喫するのに掛かるおおよその費用

バリ島 物価 費用
出典:https://www.garudaholidays.jp/guide/budget/

バリ島(インドネシア語:Bali)の通貨単位「インドネシア・ルピア(Rupiah)」は、ドルなどに比べるとなじみが薄く、わかりにくいかもしれません。

1-2-1 往復航空券の費用

バリ島(インドネシア語:Bali)滞在中に贅沢するためにも控えておきたいのが往復航空券ではないでしょうか。

選ぶ航空会社や、直行便か乗継便かによっても費用は変わってきますが、やはり一番金額に影響が出てくるのが、バリ島(インドネシア語:Bali)へ旅行に行く時期です。

旅行者が多い、学校が休みになる春休み、夏休み、冬休み、シルバーウィーク、年末年始、ゴールデンウイーク、お盆などは、1年のうちで航空券が高い時期に当たります。

また、一年を通してみると、7~9月は高い時期で、反対に、1月~2月、4~6月と10~12月前半の平日は比較的安くなります。
そのため、大型連休明けが狙い目になります。

1-2-2 バリ島観光での物価情報

バリ島(インドネシア語:Bali)に行く方の誰もが気になっているであろう旅行の平均予算。

ここでは、滞在費用と、オプショナルツアー、観光スポットへの入場料の大凡の費用を紹介します。

<滞在費用の目安(時期により変動あり)>

バリ島 物価 費用
<観光スポットの入場料(入場料に変動あり)>

バリ島旅行の滞在費用の目安は、総額3〜10万円で、オプショナルツアーやショッピング、食事などを入れると、目安とすべき金額は一人当たり15〜20万円ほどになります。

バリ島 物価 入場料
バリ島(インドネシア語:Bali)の人気観光地の入場料は、上記のグラフの通り比較的リーズナブルなので、気軽に行くことができるのが嬉しいポイントです。

※入場料に変動がある場合もありますので、グラフの金額は参考までに。

まとめ

今回は、バリ島の通貨と物価、旅行にかかる大凡の費用について紹介しました。

セブ島やハワイと並んで人気の観光地であり、豊かな自然とそれを思う存分楽しむことができるアクティビティ、豊富なお土産など、バリ島の魅力をあげたらきりがないほど。

そんな魅力溢れるバリ島の物価の相場を知っていれば交渉支払い購入もスムーズなので、バリ島を心置き無く楽しめること間違いなしです!

FOLLOW ME

この記事が気に入ったらいいね!をしよう

この記事が気に入ったらいいね!しよう