バリ島 ヴィラ おすすめ

バリ島で人気急上昇中のヴィラはここ!憧れのおすすめヴィラ3選!

南国の島として一年中、観光客が途絶えることのない場所、バリ島。

年々、ホテルやヴィラなどの宿泊施設が至るところで建設されています。

リゾート地ならではの数多くある宿泊施設に、どこをポイントに選んだらいいのか困った事はないですか?

今回は、そんなバリ島で今人気急上昇中の宿泊施設「ヴィラ」について紹介します。

1 そもそもヴィラとは?

バリ島 ヴィラ カントリーハウス
出典:https://www.expedia.co.jp/Bali-Hotels-Villa-Bali-Asri-Batubelig.h9316213.Hotel-Information

ここでは、そもそもヴィラって何?

という疑問に答えるべく、ヴィラが何なのか紹介します。

今や世界有数のリゾート地として知られるバリ島の宿泊施設は、大まかに分けるとホテル、ヴィラ、ホームステイ/ゲストハウスに分けられ、その中でも、上流階級のカントリーハウスを意味するのがヴィラです。

ヴィラまたはヴィッラ(villa)は、古代ローマが起源と言われております。

もともとは、小さな要塞化された農場の複合家屋となっていましたが、時代とともに変化。

中世を通して徐々に再発展し、贅沢な上流階級のカントリーハウスとなっていきました。

2 ホテル(Hotels)とヴィラ(villa)の違い

バリ島 ホテルとヴィラ 違い
出典:http://bless-bali.jp/bali-travel/5798/

時代とともに変化をしてきたヴィラ。

近年では、ホテル(Hotels)とヴィラ(villa)の区別がつかないというくらい設備も整っており、人気の宿泊施設となっています。

【ホテル(Hotels)】
バリ島 ヴィラ ホテル
出典:https://www.booking.com/hotel/id/restu-bali.ja.html

一般的にいうホテルというのは、多数の部屋があって、ビルディングタイプのものを指し、公共のスペースであるロビーやレストラン、プールなどがあるのが特徴です。

バリ島でもホテルの規模は様々ですが、300部屋以上あるホテルが多く、建物の高さ制限があるバリ島では、500室を越える大型ホテルはほとんどありません。

また、バリ島ではスパを併設した高級ホテルをリゾートホテル(リゾート=観光地にある高級な宿泊施設の意)と呼ぶことが多く、ホテルの規模が大きくなればなるほど公共スペースも充実しており、丸一日ホテルで過ごせるほどです。

【ヴィラ(villa)】
バリ島 ヴィラ プライベートヴィラ
出典:https://tripping.jp/asean/indonesia/bali/24675

一方ヴィラは、大きく分けて2タイプあり、外国人所有のプライベートヴィラと、ホテルのカテゴリーの1つとしてあるヴィラです。

高級ホテルには、ビルディングタイプの部屋の他に、ヴィラと呼ばれるタイプを設けているところも少なくありません。

具体的にヴィラとは、ヴィラステイの心地よさやラグジュアリー感を満喫することができるよう、一戸建てで、自分の別荘にいるような感覚になる、宿泊者のプライベート空間が確保された宿泊施設のことを言います。

広いリビングルームや、宿泊者専用のプライベートプール、ガーデンなどの設備があり、至れり尽くせりのサービスを受けることができます。

プライベートな空間を満喫することができる分、費用はホテルに宿泊する場合に比べ高くなりますが、せっかくのバリ旅行を贅沢に過ごすのもいいですよね。

3 バリ島で憧れのヴィラステイ3選

バリ島 ヴィラ ヴィラステイ
出典:http://www.season-resort.com/bali/villa/bali_villa_pool.html

贅沢なリゾート気分をあじわうなら、やっぱりヴィラがオススメです!

せっかくバリ島に来たのなら、リゾートな雰囲気を楽しみたいですよね。

癒しとプライベート間満載の、おすすめヴィラを紹介します。

3-1 「ザ・ドゥスン (The Dusun)」

バリ島 ヴィラ ザドゥスン
出典:https://www.booking.com/hotel/id/the-dusun.ja.html

まずはじめに紹介するのが、コモンスペース(共有空間)やパブリック施設(誰もが自由に出入りできる開放的な場所)は一切なし、純粋にヴィラとしてのクオリティにこだわった「ザ・ドゥスン(The Dusun)」です。

ヴィラステイの心地よさやラグジュアリー感を知らしめてきたヴィラの先駆者的存在である「ザ・ドゥスン(The Dusun)」では、世界最高峰のサービスを体験することができます。

この宿泊施設はビーチまで徒歩13分で行くことができるペティテンゲット村に位置し、周辺には食事のデリバリーもすることができるレストランや、徒歩5分で行くことができるペティテンゲット(Petitenget Temple)ビーチとスミニャック(Seminyak)ビーチがあります。

また、ングラ・ライ国際空港(インドネシア語: Bandara Internasional Ngurah Rai、英語: Ngurah Rai International Airport)からの無料空港トランスファー(所要時間30分)を利用でき、プールひとつとっても3段階の深度を設けるなど、随所にゲストを飽きさせない工夫がいっぱいのヴィラです。

英語、日本語、フランス語を話すことができるスタッフがおり、24時間対応のルームサービスやバーベキュー施設の利用、専用シェフを呼んでの食事をすることもできます。

至れり尽くせりの「ザ・ドゥスン(The Dusun)」での時間は、まさに至福のひと時と言えます。

3-2 「ザ・エリシアン (The Elysian)」

バリ島 ヴィラ ザエリシアン
出典:https://goo.gl/yd15Um

二番目に紹介するのは、ビーチまで徒歩2分で行くことができる「ザ・エリシアン (The Elysian)」です。

「ザ・エリシアン (The Elysian)」は、ヴォーグ(VOGUE )やバニティフェア(Vanity Fair)に登場するようなホットな人々が、お忍びでバカンスを楽しめるような空間作りをコンセプトとして掲げており、あえて華美なデコレーションを避け、レセプションもとてもシンプル。

スミニャック(Seminyak)のビーチやナイトスポットに簡単にアクセスできるロケーションに位置する「ザ・エリシアン (The Elysian)」は、専用の庭、サンデッキ、薄型テレビ、音楽入りiPod、Boseサウンドシステム、専用バスルーム(バスタブ、独立したシャワー付)が備わっています。

また、各ヴィラはプールに突き出すようにリビングを設けた独特の造りで、窓を閉じたままの時はシックな都会風、開放すればまるで水の上に浮かんでいるような不思議な感覚を味わうことができます。

さらに、プールサイドのRush Bambooレストラン&バーではイタリア料理や日本料理などの各国料理を楽しむことができ、ルームサービスは24時間対応可能です。

3-3 「サマヤ・スミニャック―バリ (The Samaya Seminyak – Bali)」

バリ島 ヴィラ サマヤスミニャックバリ
出典:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/128640/128640_std.html

最後に紹介するバリ島で人気のヴィラは、「サマヤ・スミニャック―バリ (The Samaya Seminyak – Bali)」です。

このヴィラのお部屋は、プールヴィラ(Pool Villa)全23棟と、ロイヤルコートヤードヴィラ(Royal Courtyard Villa)全7棟でできており、スミニャックビーチに面したビーチ側の敷地にあります。

プールヴィラ(Pool Villa)は、その全てのヴィラにプライベートプールとジェットバス機能の付いたバスタブがついていて、1ベッドルームタイプ。

また、ロイヤルコートヤードヴィラ(Royal Courtyard Villa)は、広々としたガーデとプライベートプールとジェットバス機能付きのバスタブが完備されており、それぞれ独立したヴィラになるので、プライベート感がより一層高まります。

そんな「サマヤ・スミニャック―バリ (The Samaya Seminyak – Bali)」は、ビーチフロントという立地を活かしたレストランとスパがあるのも人気の理由です。

夕暮れ時には、ビーチに点在するバーのソファやレストランのビーチサイドのテーブルは満席になり、そこから眺めるサンセットはバリ島旅行の中でも忘れられないほど美しい景色になっています。

まとめ

今回は、バリ島で今人気急上昇中の宿泊施設ヴィラについて紹介しました。

日常生活から時離れた空間で、いつもとは少し違った贅沢な時間を過ごしたい方におすすめです。

是非憧れのヴィラに、泊まってみてください!

FOLLOW ME

この記事が気に入ったらいいね!をしよう

この記事が気に入ったらいいね!しよう