ハワイ ダイアモンドヘッドに登る

IMG_3009
4+

Users who have LIKED this post:

  • shotaro@scnc.co.jp
  • Michi
  • nana

ふと思いついた、やりたいことです!

______________________________________________________________

実は5月にハワイへ行ってきて、宣言したダイアモンドヘッド登ってきました‼‼ ですが、これが達成されてから、バタバタと忙しく更新ができなかったので、今やっと書こうと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝日に照らされるダイアモンドヘッド

6時から開門ということで、早朝の4時に起きて、タクシーで向かいました。(笑) 今回、私のワガママを聞いて一緒に同行してくれたのは、いつもお世話になっている九州のお友達の二人です。

私たちが到着するころには、入口周辺にたくさんのツアー観光の方や、地元民も多く来ていらっしゃいました。しかも、地元の方にとって、ここはまさかの散歩道コース。

時間になると、皆ぞろぞろと歩き始め、すでに長い行列が。(ちなみに、地元民はさっさと行ってしまい、中間地点ですれ違いました。)

最初は緩やかに始まり、徐々に険しく、途中に急こう配な階段を上り、洞窟をぬけ、狭いところをくぐり…という感じです。(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

舗装された道から、舗装されてない道へ

ハイキングしている途中に朝日を拝むことができましたが、まぶしすぎました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山の斜面

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝日

そしてハイキング途中にある、洞窟

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洞窟の入り口

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洞窟での謎の疾走感

走る地元民は強いですね。それに続いて、この急な階段!体力づくりを怠ってしまった私は息が上がりまくりでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして、いろんな険しい道や謎の空間を乗り越えて、写真をパシャパシャ撮ってしまうくらいきれいな景色が広がっていました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多分、周知の事実だとは思いますが、ダイアモンドヘッドは※カルデラなんです…!(2016年夏に流行った映画「君の〇は。」みたいですね。笑)

※火山活動によって火山体に生じた凹地。噴火時にできた火口とは区別され,火口よりも大きい。スペイン語で大鍋の意味。内側は急崖で,外側は緩斜面からなる。 -ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カルデラの中

下の写真は、謎の空間を抜けた後に広がっている景色です。太平洋が見え、島の向こう側も見えました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

謎の空間 また階段を上る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それにしても、きれいな海の色でした。東京湾もこのくらいきれいなら、毎日観に行くのに…とか思います。さらに、そのあと待ち受けていたのは、頂上へ登る長蛇の列。かなり待ちました。

そして、やっとの思いでついた頂上!デデーン!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイアモンドヘッドの頂上から

もうたくさんの方々で賑わっていて、早朝から混雑。(笑) 頂上は日差しが強くて暑かったですが、登り切れて最高にうれしかったです!目標達成!

今回、早朝から山をハイキングして、とても気持ちのいい朝を迎えることができました!

その後もいろんなところへ行き、いい思い出がたくさんできました~。また行きたいです…‼

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハワイのホワイトヘブンビーチにも連れてってくれました。

 

やりたい事、どんどんやっていきたいと思います! よろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です