カップル

美人よりもモテる「ちょうどいいブス」の定義5選

「丁度いいブス」という言葉をご存知ですか?

最近よく聞くこのフレーズは、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんのエッセイ本のタイトルがきっかけ。

この本によると「ちょうどいい自分の塩梅をしっかり把握している女性」の事を指す言葉のようです。

でも「ブスってちょっと…」と思ったあなた!

その考えはかなり古いですよ!

完璧な美人よりも愛嬌のあるブサカワ女子がモテる今の時代、自分の事をしっかりと把握した、ちょうどいいブスが確実にモテるんです!

そこで今回は、ちょうどいいブスの定義についてご紹介!

完璧な美人で常に幸せ!だと思う方以外は是非ともお読みください!

 

1 かなりトレンドな「ちょうどいいブス」の条件5選

1-1 色気がある

脚

イケメンではないのに色気を感じる男性っていませんか?

どちらかというと非イケメンの男性にドキッとした経験のある方も多いのではないでしょうか?

つまり、それと同じです。

美人ではなくても色気があれば間違いなくモテます。

寧ろ、ブサカワで色気のある方が、色っぽい美人よりもモテるそうです!

まずはゆっくり話すところから始めましょう!

 

1-2 笑顔がかわいい

ニコニコしている子は顔のつくりが特別よくなくても可愛く見えますよね?

クールな美人よりも、笑顔の似合うブスカワ女子と付き合いたいと思う男性の方が圧倒的に多いそうです。

口角を常に上げておくだけでも男性ウケはよくなるそうですよ!

 

1-3 雰囲気が美人

カップル

一番モテる男性のタイプが雰囲気イケメンです。

つまり、顔で美人に勝てないなら雰囲気でカバーすればOK。

ショートカットは意外と雰囲気を作りやすいので、ブスカワ女子にはおすすめ!

 

1-4 知的

実は知的な女子に惹かれる男性はかなり多いことをご存知ですか?

しかも、知的な美人は近寄りがたいので、ちょうどいいブスの知的女子と付き合いたいと思っている男性はかなり多いみたいです。

ブスカワのインテリ女子にとってはかなり朗報ではないでしょうか?

 

1-5 話しやすい

会話

ブスカワ女子が近寄りがたいオーラーを出したら100%アウトです!

私に話しかけないでねオーラを出していいのは正直美人だけ!

親しみやすさをアピールすることで、確実に美人よりも人気者になれます!

ただし、頻繁なボディタッチはNG。

軽い女子だと思われる危険性もありますよ!

 

まとめ

今回はトレンドワードでもある「ちょうどいいブス」の定義についてご紹介させていただきました。

ブスという響きはかなりネガティブですが、ちょうどいいブスはかなりポジティブなワードです。

実は今一番モテるタイプの女子はちょうどいいブスなのかもしれませんよ!

是非参考にしてモテ女子を目指しましょう!