コナコーヒー
ハワイ in America AREA FOODIE コーヒー お土産 カフェ

ハワイ土産ならハワイアンコーヒーを!オススメの種類とお店を紹介!

ハワイでも人気のお土産商品『ハワイアンコーヒー』。

現地で人気なのはもちろんのこと、旅行に行く際に結構な確率で「あのコーヒー買ってきて」や、「ハワイのコーヒー美味しいって聞いてるから美味しそうなの買ってきて」のような要望がありくらい日本でも知られているんです。

 

でもでも実際にハワイアンコーヒーって何?

人気とはいえ実際に現地に行ってみると、種類が多いしどんなコーヒーがオススメなのかさっぱり分からない!!

 

という方もいらっしゃるかと思います。

 

なので今回はそんなお悩みの方に「ハワイアンコーヒー」についてご紹介していこうと思います!

この記事を見て頂ければ、何を買えば喜ばれるか、何で喜んで頂けるかを理解することが出来ますよん♪

 

1 ハワイアンコーヒーの種類について知ろう!

コーヒー1

ハワイアンコーヒーと一口に言っても実は色々と種類があるんです!

なのでまずは有名な2種類のハワイアンコーヒーをご紹介いたします。

 

1-1.コナコーヒーとは

ハワイで超有名なコーヒーと言えば『コナコーヒー』です。実はこのコーヒー、世界的に有名な事を知っていましたか??

 

実はコナコーヒーは、キリマンジャロ、ブルーマウンテンと並び、世界3大コーヒーとして知られ、生産量は世界のコーヒー生産量の1%以下という希少なものです。

それほど有名で由緒あるコーヒーなんです。味の特徴としては、『苦味』が少なく、柔らかな酸味と甘い香りがします。そこでお土産に選ぶ基準として、この『コナコーヒー』が含まれている「純度比率」が重要になってきます!!

 

1-1-1. コナコーヒーを選ぶ基準とは?

コーヒー豆

前述した通り、コナコーヒーが入っている『純度比率』がお土産を選ぶ上で重要なポイントになってきます。

 

  • 純度が高ければ高いほど(~100%)、コナコーヒーとしての味が際立つ = 希少なので料金が高くなる
  • 純度が低ければ低いほど(~10%)、コナの味が弱くなる = 一般的なコーヒーに近いので安くなる

 

※本物のコナコーヒーを求めている方は「100% KONA COFFEE」を選びましょう!

※コーヒー豆もハワイ州により5等級に格付けされています。

この方程式を考えて頂ければ、店頭にたくさん並んでいても、「なるほどね」と商品を選別できると思います。

ちなみにコナコーヒーが入っていない一般的なコーヒーもありますので、専門的という事でなくても全然大丈夫です。

一般的には「フレーバーコーヒー」呼ばれる一品で比較的安価に入手することが出来るので嬉しいですね。余談が長くなり過ぎてもですので、早速おすすめの商品説明に移りたいと思います。

 

1-2.カウコーヒーとは

コナコーヒーだけでなく、注目をあびているハワイアンコーヒーが「カウコーヒーです」。

ハワイ島の最南端に位置するマウナロア火山付近にある「カウ地区」で栽培されたコーヒーで、フルーティな甘みと酸味の少なさが味の特徴で、世界のコーヒー豆競技の大会で入賞するなど注目を浴びています。

コナコーヒーよりも生産量が少ないため希少なハワイアンコーヒーとして知られています。

 

2オススメのハワイアンコーヒーとおすすめショップ一覧

それでは今回の本題である、『ハワイで買うならコレ!』というはハワイアンコーヒーとオススメのショップをご紹介させて頂きます。

 

2-1. 最上級のコナコーヒー「ピーベリー」

コーヒー通の方であれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?ハワイ州に格付けされるコナコーヒー豆の中でも最上級に位置するのが『ピーベリー』です。

栽培されるコナコーヒー豆100粒の内、3粒ほどしか認められないほどで。希少なコナコーヒーの中で、更に厳選されたトップオブトップの豆です。

日本では中々手に入らないピーベリーのコーヒー豆。大切な方へプレゼントすると大変喜ばれますよ。200gサイズで現地料金$30前後です。

高級志向のコーヒーを希望の方はココで間違いありません!この商品を買うならココだ!!

 

 

ホノルルコーヒー

Photo credit: MjZ Photography via VisualHunt.com / CC BY-NC

施設名 ホノルル・コーヒー・カンパニー(アラモアナ店)
住所 1450 Ala Moana Blvd #3066, Honolulu, HI 96814 
営業時間

8:30~21:00

(日曜日~19:00)

休業日 11/26,12/25
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

コナコーヒーを味わうならアイランド・ビンテージ・コーヒーがオススメ!!

アイランドヴィンテージ

Photo credit: synnwang via VisualHunt / CC BY-NC-SA

施設名 アイランド・ビンテージ・コーヒー
住所 1450 Ala Moana Blvd. #5547
営業時間

7:00~22:30

(土・日曜8:00~)

休業日 なし
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

2-2. ロイヤルコナ「100%コナコーヒー」

「王家のためのコーヒー」として有名なロイヤルコナコーヒー。説明したとおり、コナコーヒーの純度が100%なのでかなり高級感のあるパッケージとなっています。ミディアムローストのあっさりとした飲み心地です。

こちらも高級志向の方にはピッタリの素敵なお土産になると思います!料金は100%コナですがかなり良心的で198gで$12.99となっています。同じブランド内にも10%のコナ純度豆もあるので、料金と相談しながら見るのも楽しいですよ。

100%コナコーヒーを買えるショップはロングスドラッグス

施設名 ロングス ドラッグス (アラモアナ センター店)
住所 1450 Ala Moana Boulevard Honolulu, HI 96814
営業時間

8:00~22:00

(日曜日~20:00)

休業日 12/25
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

2-3. ヘブンリーファインコーヒー

女性が一度は泊まりたい、憧れのホテル「ハレクラニ」でサーブされている商品「ヘブンリーファインコーヒー」(283g $17)です。超一流のホテルのコーヒーが家でも再現できるのは非常に嬉しいです。ハレクラニに宿泊していない方でもホテル内のショップにて購入できるので、気軽に訪ねてみて下さい。

ヘブンリーファインコーヒーを買うならハレクラニホテル!

ハレクラニホテル

Photo credit: Shinichiro Hamazaki via VisualHunt / CC BY-NC-SA

施設名 ハレクラニ ホテル
住所 2199 Kalia Road, Honolulu, Hawaii, Oahu Hawaii
営業時間 9:00~20:00
休業日 なし
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

2-4. ライオンコーヒー

ハワイに行かれた方は見たことあると思います。と言えるほどの品揃えです($283g $6.79)。おなじみのライオンパッケージのコーヒーはクセも少ないので非常に飲みやすく、料金も安いことから好評得ています。初めにご説明した「フレーバーコーヒー」一種なので料金も良心的なんです。こちらは市内のABCストア各所や、ロングスドラッグでも買うことが出来ます。

 

 

 

2-5. コナ・ブレンド

ノースショアに位置しており、ハワイ各島のコーヒーが楽しめる『コーヒーギャラリー』で購入することが出来ます(230g $9.95)。こちらは10%コナと90%南米の豆がブレンドされており、ダークチョコウォルナッツの甘い香りがクセになる商品です。

 

コナ・ブレンドを買うならコーヒーギャラリーがおススメ

施設名 コーヒー ギャラリー
住所 66-250 Kamehameha Highway, Haleiwa, HI 96712 
営業時間 6:30〜20:00
休業日 なし
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

まとめ

今回のお土産用コーヒー特集はいかがでしたでしょうか?種類はたくさんあれど、この商品はこうだからおススメです!という理由を少しだけ理解頂けたのではないかと思います。他にも『カウコーヒー』や『マウイコーヒー』など、隠された名産コーヒーがたくさんあります。是非ハワイ旅行に行かれた際には、ご自身でもたくさん挑戦してみて、掘り出し物を探してみて下さい!