ハワイのお土産を通販するならこれだ!絶対喜ばれる通販土産特集

テングビーフジャーキー

ハワイには魅力的なお土産がたくさんあって、何を買うか迷いますよね。特に持ち運びに困る「液体物」や、検疫の検査が必要な「ジャーキー」など、買いたくても手間がかかるお土産もありますよね??今回は、お土産を買いたいけど持ち運びに困ってしまう!その商品を通販してみよう!という内容の記事になります。通販をおすすめする理由、おすすめの商品、通販出来るシステムのご紹介をさせて頂きます。この記事を見て頂ければアナタも通販の素晴らしさが分かると思います。

 

1 通販した方がいいハワイのお土産とは??

独断ですが通販した方がいいお土産を挙げていきたいと思います。

・南国のお楽しみといえば、やっぱり原産のビールなどのアルコール

・おみつみの定番、アメリカンなジャーキー

つまり「アルコール液体物関係」と「現地で購入する肉製品」の2点を強くおすすめしたいと思います。その通販した方がいい理由は以下の通りです。

 

1-1. 液体物を通販??

飛行機で日本に持ち込む時(帰ってきたとき)のアルコールの免税範囲をご存じでしょうか?

酒類は3本までで、1本あたり760mlまで

免税の範囲内で持ち込みをしないと課税対象となり、課税料金を空港で支払う必要あるんですね。更に、

・「液体物(特にボトルやビン)」は破損する恐れ

・キャリーケースが非常に重たくなり超過料金を超える

現地から持って帰る時には、このようなデメリットが発生するんです。

 

1-2. 肉製品を通販??

海外で購入した肉製品を日本に持ち込む時には、

空港での検疫の検査が必要です。

更に、

場合により没収される可能性があります。

特にアメリカ産のジャーキーの場合は、BSE(狂牛病)が発生してからというもの『一切の持ち込みが禁止』されています。(一部検疫に通すことなく、幸運にも荷物検査を通り抜けた旅行者が持って帰っている例もありますが、これは虚偽の申告により罰せられることもあります)ですので、ジャーキーをお土産で購入する場合は正式には『通販』しか道はないんですね。

※オーストラリアやニュージーランドの場合は検査証明書があれば通過できる事が多いです。

 

1-3. まとめると・・

以上の話をまとめると、「アルコール関連」は

・免税の範囲を超えて課税対象になる

・液体なので重量が重くなる

・スーツケースに入れると破損する恐れがある

「肉製品」については、

・正式には「通販」による受取しか日本へは持ち運べない

以上のことから、上記2点に関しては『通販』を強くおすすめします。

 

2 通販するならどんな商品がいいの??

それでは具体的に、どの商品がおすすめかをご紹介したいと思います!

 

2-1. ビールとワイン

ハワイ産のワインは実はとても人気があるんですね。ハワイで飲んだ地ビールが美味しかった!!という理由で購入する人も多いみたいです。人気の商品はこちらです。

 

2-1-1. コナビールギフトセット(2,310円)

コナビールギフト

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/sanyodo/05040410.html

『コナビール』はハワイ島コナの地ビールで、とても人気の商品です。3種類それぞれの味わいを楽しめるもので、ギフト箱入りです。

内容量 355ml×3本
ビールの種類 ゴールデンエール、アイランドラガー、ペールエール

 

2-1-2. プリモビール6本セット(3,675円)

プリモビール

出典:http://www.amazon.co.jp/

100年以上前に誕生し、ハワイ州での売り上げNo,1ビールとして人気を集めた「プリモビール」。一度廃盤になっていましたが、伝説のビールが復活したので是非飲んでみましょう!!

内容量 355ml×6本

 

2-1-3. マウイブラン パイナップルワイン(2,280円)

パイナップルワイン

出典:http://www.dena-ec.com/item/160247634

マウイ島のパイナップル100%が原材料のワインです。甘い香りがしますが、辛口でキレのあるテイストのワイン。海鮮系の料理がよく合いますよ!!

内容量 750ml×1本
原料 パイナップル

 

2-2. ジャーキー

おつまみの定番ですね!!ハワイでもジャーキーは大人気で、色々な場所で目にすると思います。おすすめの商品はこちらです。

 

2-2-1. ハワイポークジャーキー(5,670円)

ハワイポークジャーキー

出典:http://www.amazon.co.jp/

ハワイの名前がついている100%ポークのジャーキーです。甘さが付いているのはブラウンシュガーで味付けされています。

内容量 103g×6袋
サイズ 1袋サイズ約25cm×15cm

 

2-2-2. テングビーフジャーキー(1,950円)

テングビーフジャーキー

出典:http://item.rakuten.co.jp/sanyodo/20140094/

「テング」という名前だけあって、日本人好みの醤油ベースの味付けがやみつきになります。こちらは「ビーフ」なのでしっかりとした歯ごたえのあるジャーキーとなっています。

内容量 113g×1袋
サイズ 1袋サイズ約28cm×17cm

 

2-3. 料金について

通販での料金については、

現地で買うよりも若干高いです!

これは免税の関係やお土産を空輸しているので若干料金が上乗せになっているからです。変わりようのない事実なので、それでもという方には試してみて下さい。

 

3 通販の仕組みについて

これまで通販をする事のメリットと、おススメの商品をお伝えしてきました。実際に通販を依頼したい!!と思った時にはどうしたらよいか??以前『旅行中にお土産を買う手間よりも通販を進めたい!!もっと快適な海外旅行の11の提案』の記事内に記載しましたので、是非活用してみてください!

 

まとめ

通販でのお土産特集はいかがでしたでしょうか?通販でしか持ち込めない商品や、免税の範囲が越えたり、キャリーバックが重くなるのを防いだり、色々なメリットがあることも気付いて頂けたと思います。勿論、料金が割高になるというようなデメリットもありますので、ご自身で判断して、興味あれば必要なタイミングで試してみて下さい!!

テングビーフジャーキー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

THE BUCKET LIST運営代表、夢追人、冒険家、起業家。 誰のものでもない自分の人生における、BUCKET LIST(死ぬまでにしたいこと)を一つでも多くやり遂げ、心豊かに仲間と笑い合いながら、「昨日よりも今日、今日よりも明日が楽しくなる」自分史上最高の毎日を迎えたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、夢を一緒に叶えられるSNSサービスを創るためにSynchronicity株式会社を共同創業。自分自身の夢を叶えることにも全力で取り組み、皆んなの夢も全力で応援して最高の人生づくりをサポートします^^