【夢を叶えるインタビューVo.8】競争力を高めてグローバルに活躍する

image

こんにちは、Synchronicityのしょーたろです。

第8回目となる今回の夢インタビューでは、非日常な空間・ご飯・写真・海・晴れの日が大好きな女性にインタビューさせていただきました。

毎日新しい事を1つする!(死ぬまで)」というバケットリストを書いて、新鮮で特別な毎日を送っている鬼木 知歌(ちか)さんです!

image

<自己紹介>

鬼木 知歌。福岡県立筑紫高校出身、立命館アジア太平洋大学卒業。

大学ではアジア太平洋学部で国際関係を主に専攻し、在学中はロンドンに10ヶ月間留学。University of Westminsterでマーケティングを学習後、JETROのロンドン支部でインターンシップを経験。多様な価値観が共存するダイナミックなビジネス形態や複雑な貿易の法律に触れ、グローバルで活躍する日系メーカーへの就職を志し、現在は業界最大手のカバン総合メーカーに勤務。

 

子供の頃の夢

しょーたろ: まず初めに、いつもファイナンス勉強会に来てくれてありがとうございます。前回の桜さんに続いての夢インタビューとなりますが、ちかさんとは勉強会以外のところでお話したことがなかったので、今日はどんなお話が聞けるのか楽しみです。

まず最初にズバリ聞いてしまいますが、子供の頃には将来やりたいこととか夢を持っていましたか?

ちかさん: 小さい頃は動物が大好きだったので、保育園の時から小学校5年生までは獣医さんになりたいと思っていました。動物関係の仕事だと動物園の飼育員さんの方がイメージし易かったように思いますが、私は獣医さんになりたいと思っていましたね。

しょーたろ: 動物園の飼育員ではなく獣医になりたいっていうところに、ちかさんの動物に対する想いの強さを感じます。僕も動物が好きで、実家では柴犬を飼っていましたが、ちかさんも動物を飼っていたんですか?

ちかさん: おばあちゃんの家に猫がいたのと、実家ではハムスターを飼っていました。小さい頃から動物に囲まれて暮らしていたので、大人になってもそういう生き方がしたいと思っていましたね。

しょーたろ: なるほど、今は旅行商材の会社で働いているので子供の頃の夢の延長線上にはいないと思いますが、ちかさんの将来の方向性を変える出来事が何かあったんでしょうか?

ちかさん: 中学に進学して数学が苦手なことに気付いたのと(笑)、新しい世界を見て将来やりたいことが大きく変わりました

しょーたろ: 新しい世界?中学校に入ってから何が起こったんですか?

 

海外に行って見つけた新しい世界

ちかさん: 中学1年生の時にオーストラリアに短期留学したのですが、日本で生まれ育った私にとって、オーストラリアで過ごした期間はとても刺激的でした。当時は未だ英語を習いたてで、現地の方とも上手くコミュニケーションをとることができなかったのですが、純粋に自分が知らなかった世界を知れたのが面白かったですし、もっと英語を勉強して上手くなりたいとか、もっとコミュニケーションを取りたいというモチベーションになりました。

image

 

しょーたろ: なるほど、オーストラリアに留学した後は、どのような夢を持つようになったんですか?

ちかさん: 漠然とですが、通訳になりたいなーと思っていました。中学生の頃は会社の形態とかどんな仕事があるのか知らなかったので、中学の英語の授業で日本人の先生と外国人の先生が話している姿を見て「英語を使う仕事だと通訳かなー」って思っていました。今でこそ英語を使える仕事ってたくさんあることを知っていますが、昔は私の周りにいた大人や環境が自分にとっての全てだったので、通訳になりたかったというよりは他の選択肢を知らない感じでした。

しょーたろ: なるほど、それで国際的な環境で学べる立命館アジア太平洋大学に入学したわけですね。

ちかさん: 正直、立命館アジア太平洋大学のことは知らなかったです。第一志望の大学は別のところだったんですが、父から「外国語を話したり学べる環境があるよ」と薦められて入学しました。アジア太平洋学部で国際関係の勉強をしていたのですが、在学中に10ヶ月間ロンドンに留学したり、JETROのロンドン支部でインターンシップを経験したりと、様々な経験を通じてすごく世界が広がりました。

しょーたろ: 僕も志望していた大学には行ってないのですが、そこで1年2ヶ月間フランスに留学して現地でもインターンシップを経験して来たので、その辺りは境遇が似てますね(笑)。

 

夢に対する考え方

しょーたろ: 元々は獣医で、中学時代は通訳を志すようになったとのことですが、その頃は夢に対してどのような考え方をもっていましたか?

 

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kanye

大手日系証券会社、外資系投資銀行でM&Aアドバイザーとして活動。成長よりも楽しさを求める人生に方向転換し、皆んなが助け合える小さな世界を創るために起業。