絶対に外さない!!元旅行会社員が勧める初めてのハワイで見るべき場所特集

ワイキキビーチ

初めてのハワイで楽しみな反面、不安なことも多いと思います。特に限られた時間の中で最大限楽しみたいという方には、やりたい事が多すぎる場所なんですハワイは。時間を有効に活用するべく、初めてのハワイで絶対に外さない場所をまとめさせて頂きました。こちら見て頂ければ、ココいいな!という場所がいくつも見つかると思います!是非ご覧下さい。

 

1 ハワイ初めてで絶対に外さない場所とは?

今回はハワイでも、初めての方の大半が訪れるであろう『オアフ島』に絞ってみました。カテゴリー別に分けました。続く章ではカテゴリー別の各名所の説明をさせて頂きますので確認して下さい。

 

1-1. ビーチ系一覧

ハワイと言えばビーチ。ビーチと言えばハワイと言える南国の楽園です。ビーチに足を運ばない人はいないと思いますが、念のためおススメ場所を挙げます。

○ワイキキビーチ

○ハナウマ湾

○ラニカイビーチ

○アラモアナビーチ

 

1-2. 観光系一覧

初めて訪れるときに大事なのが、外さない場所にしっかりと行って時間を有効活用することです。行ってみたけどあまり、、という場所は避けましょう。

○モアナルアガーデン

○ダイヤモンドヘッド

○ノースショア

 

1-3. ショッピング系一覧

ショッピングは女性にとって最大の楽しみでもあり、時間との戦いだと思います。

たくさんの買い物が一挙にできるおすすめの場所を挙げております。

○アラモアナショッピングセンター

○ロイヤルハワイアンセンター

○T ギャラリア(DFS)

 

以上の項目を簡単ではありますが、1つずつ説明していきたい思います。

 

2 ビーチについて

ハワイならでは透き通った海、白い砂浜、青い海のコントラスをお楽しみ下さい。

 

2-1. ワイキキビーチ

ワイキキビーチ

Photo credit: Edmund Garman via Visualhunt / CC BY

言わずと知れた場所なので説明不要かもしれないです。ワイキキの中心地カラカウア大通りに面している、ハワイを代表するビーチです。TVや雑誌などでハワイのビーチが出るときは大体この場所です。一番有名な場所だけあって人はすごく多いです。宿泊するホテルによっては近かったりするので、のんびり散歩にきたり、海のアクティビティを楽しむこともいいと思います。

 

2-2. ハナウマ湾

ハナウマ湾

Photo credit: christopherdale via VisualHunt.com / CC BY-NC-ND

ハナウマ湾はオアフ島内随一のシュノーケリングスポットです。過去には全米No,1に選ばれるほどの場所です。是非この最高に美しいビーチで、シュノーケルや海水浴を楽しんでください。

<アクセス>

<行き方>

○バスもありますが、1時間に1本で大変混雑するのであまりおススメではありません。(往復$5)

○タクシーで行けば楽です。が料金が高いです。(約$38)

○レンタカーで行ける方は駐車場にだけ注意していれば簡単に行けます。

○ワイキキ発のオプショナルツアーに参加することが一番のおすすめです。($35~)

大体オプショナルツアーを紹介している業者さんで予約は可能ですが、『トラベルドンキー』さんをご紹介します。

 

2-3. ラニカイビーチ

ラニカイビーチ

Photo credit: MarlonBu via Visualhunt / CC BY

『天国の海』と呼ばれる場所で、こちらも全米No,1に輝いたことのあるビーチです。同じくらい美しい『カイルアビーチ』も近くに会って二度楽しいです。なんと言っても素晴らしいのは、その海の透明度です。日本では見ることが出来ない、その透明度の高い海をお楽しみください。ここでは『幻の海』と呼ばれる『サンドバー』にも行ける距離です。興味のある方は、『ハワイでシュノーケリングを楽しみたい♡幻の天使の海をおススメする理由』をご覧ください。

<アクセス>

<行き方>

○バスもありますが、直通はなく2回ほど乗り換えなので初心者には難しいかもしれません。さらにバス停から約20分歩きます。(往復$5)

○タクシーで行けば楽ですが、料金はハマウマ湾よりももっと遠いので。。。(約$50)

○レンタカーで行ける方は駐車場にだけ注意していれば簡単に行けます。

○ワイキキ発のオプショナルツアーに参加することが一番のおすすめです。($20~)自由行動の時間が限られるのがデメリットですが。

大体オプショナルツアーを紹介している業者さんで予約は可能ですが、『ハワイVIP』さんをご紹介します。

 

○アラモアナビーチ

 

出典:https://www.expedia.co.jp/Ala-Moana-Beach-Park-Honolulu.d6069033.Place-To-Visit

ワイキキから歩いて行ける距離ですが、ワイキキビーチに比べると人も格段に少なくておススメなのがこちらです。

ローカルな若者や地元の人々で賑わう暖かな雰囲気のビーチです。近くに芝生も広がる『アラモアナ・パーク』でゆっくりと癒されるのも良いです。

 

3 観光について

オアフ島の観光も短い滞在では足りません。しっかりと行きたい場所を見極めてから準備しましょう。

 

3-1. モアナルアガーデン

『日立の樹』で有名な公園内にあるモンキーポッドの樹です。ワイキキから車で30分ほどの場所にあり、地元の方は憩いの場として利用したりなど多くの人に親しまれています。日本の方からは大人気の観光スポットなので別記事『この木なんの木気になる木~♪ハワイで有名なCMの木ってどこにあるの?』でご紹介していますので是非ご覧ください。

 

3-2. タンタラスの丘での夜景

タンタラス

Photo credit: jijake1977 via VisualHunt / CC BY

火山の噴火で隆起したコオラウ山脈の天然のテラスがこの丘です。特に夜景の美しさは地元民もデートの場所として使うほどのロマンチックプレイスです。昼はまた違う顔を持っています。素晴らしい景観を眺めながら、緑いっぱいに広がる芝生で寛ぐことも出来る良い環境です。サンセットの時間に訪れると、キレイな夕陽も眺めることが出来ます。

<アクセス>

<行き方>

○夜景ツアーに参加することがおすすめです。($30~)

『VELTRA』さんであれば他にもディナー付のプランがあったりもします。

○昼間はオアフ島の観光ツアーか、レンタカーになります。

 

3-3. ダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッド

ホノルルの象徴的な観光スポットのダイヤモンドヘッドは欠かせません。軽いトレッキングも出来て、頂上に上った時の達成感も味わうことができます。パワースポットと呼ばれる場所でもありますので、お好きな方は挑戦してみると良いと思います。往復ゆっくりでも2時間弱もあれば十分です。

<アクセス>

<行き方>

○ワイキキ市内を走るトロリーチケットを持っていれば気軽に行けます。

○ザバスの市営バスでも訪れることが出来ます。

こちらのサイトさんでバスの乗り方を解説しておりますので心配の方は確認してみてください。

 

3-4. ノースショア

サーファーの聖地と呼ばれている場所です。このあたりは『ハレイワ』という地区なのですが、とても可愛くて珍しい雑貨屋さんや美味しいローカルフードなども満載です。アクセスや行き方については、こちらの記事にて案内(オプショナルツアー)してますので、興味のある方は確認してみて下さい。

 

4 ショッピングについて

女性の一番の楽しみは、やはりショッピングだと思います。ホノルルでの買い物を楽しめる代表的な場所を紹介させて頂きます。

 

4-1. アラモアナショッピングセンター

ハワイ最大、アメリカでも最大級のオープンエアのショッピングモールです。その店舗数は290を越え、ショッピングはもちろん食事まで楽しめる施設となっています。アラモアナセンターを語り出すとこのページでは終わらないので、以前シーズン4まで跨って書いた記事がありますのでこちらをご確認ください。

 

4-2 ロイヤルハワイアンセンター

カラカウア大通りに面し、DFSの向かいにある上品な施設でもあるロイヤルハワイアンセンター。100を超えるショップやレストランがあり、22時という遅い時間まで営業しているショッピングセンター。中は気持ちのいい吹き抜けのエリアが広がり、ハワイらしい空気を感じながらショッピングが出来る。美味しいレストランも数多く施設内にあり、散策するだけで楽しい空間です。

<アクセス>

 

4-3 T ギャラリア(DFS)

ワイキキ中心地に位置し、この場所をスタートとしてワイキキの土地感覚を覚える象徴的な場所。高級ブランド品からコスメ商品、お土産スペースまで幅広く取り揃えています。免税品として有名ですが、中には免税対象外の商品も並んでいるので注意して下さい。

<アクセス>

 

まとめ

初めてのハワイで外さない、見るべき場所の一覧は参考になりましたでしょうか??ガイドブックにしろ情報サイトにしろ、数多くの情報が流れている中で、実際に現地に何度も行った私なりの個人的な意見です。参考になったという方が1人でもいらっしゃれば幸いです。アナタのハワイ旅行が素晴らしいものになりますように。

ワイキキビーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

THE BUCKET LIST運営代表、夢追人、冒険家、起業家。 誰のものでもない自分の人生における、BUCKET LIST(死ぬまでにしたいこと)を一つでも多くやり遂げ、心豊かに仲間と笑い合いながら、「昨日よりも今日、今日よりも明日が楽しくなる」自分史上最高の毎日を迎えたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、夢を一緒に叶えられるSNSサービスを創るためにSynchronicity株式会社を共同創業。自分自身の夢を叶えることにも全力で取り組み、皆んなの夢も全力で応援して最高の人生づくりをサポートします^^