【元旅行会社員が語るvol.8】ハワイに行くには羽田?成田?空港を徹底比較!

羽田空港

東京からハワイに行くには、成田と羽田空港から出発する便があります。どちらの空港から行くのがおすすめなんだろう?違いは空港までのアクセス以外にあるの??そんな疑問があると思います。今回はそんなアナタの為に、羽田・成田空港からハワイに行くメリットデメリットをお伝えしたいと思います。メリットデメリットを感じることで、両空港の違いとどちらが自分に合っているか確認することが出来ますよ。

 

1 羽田空港と成田空港の違いは??

どちらの空港にもメリットとデメリットはあります。まずはその違いを明確にしていきたいと思います!

 

1-1. 成田空港のメリット

成田空港

Photo credit: naota via Visualhunt.com / CC BY-ND

〇便数が多い

以前作成した時刻表を確認して頂けると分かりますが、羽田発の便に比べると圧倒的に便数が多いです。

時刻表は⇒【時刻表まとめたんだって】ハワイに行くときはこちらを事前にチェックを参照下さい。

〇選べる航空会社が幅広い

ハワイまで就航している航空会社は7社ありますが、その内6社は成田から出発しています。

〇料金が羽田に比べると安い

シーズンや空き状況で多少変動はしますが、基本的には成田発の方が便は多いです。

〇日本到着時間が羽田より早い

ハワイ旅行から帰った翌日から仕事や学校の方は嬉しいですね。

羽田空港の場合は夜22:00着頃なので翌日の負担は大きいです。

 

1-2. 成田空港のデメリット

〇空港までが遠い

千葉県民の方以外には成田空港は遠く感じてしまいます。

〇クレジットカード会社のラウンジが出発ロビーにない

出国審査を抜けて免税店フロアに入ったら、ビジネスクラスの航空券を持っているかマイルのステータスを持っている人以外は、ラウンジでゆっくり過ごせません。

〇ハワイ出発日のホノルル空港のカウンターが混む

本数や便が多いということは、その分渡航者も多いということです。

各航空会社にもよりますが比較的羽田と比べると混んでしまう可能性が高いです。

 

1-3. 羽田空港のメリット

羽田空港

Photo credit: atmtx via Visualhunt / CC BY-NC-ND

〇品川や東京駅からのアクセスが良い

成田空港に比べると東京都内なのでアクセスが非常に良いです。

地方から来る方も、そのまま羽田で国内線乗り換えも出来ます。

〇出発時間が遅い

出発が23:00頃の便が多いので、仕事が帰りでも空港へ直行できます。

一度家に帰ってシャワーを浴びて荷物を取り直して、、という事も可能です。

〇空港内の食事スペースが好評

羽田の国際線は話題の店や好評なお店が多く、旅行者からとても好かれています。

〇空港のラウンジの使い勝手がよい

羽田空港では、『出国審査』を終えた後に非常に快適なラウンジが揃います。

特にクレジットカード会社のラウンジは、ゴールドカード以上のカードがあれば入ることができますし、設備も充実しているので出発までゆっくり過ごすことが出来ます。

〇現地出発日もゆっくりと買い物が出来る

現地ハワイの出発時刻も18:00過ぎの便なので、ゆっくり過ごすことが出来ます。

買い足りないショッピングや早朝のパッキングも避けられるので嬉しいですね。

〇時差ボケを最小限で

日本出発が23:00頃(ハワイは朝4:00)、到着が現地時間12:00頃(日本は朝7:00)なので、体内時計は朝から行動することに支障は少ないと思います。

これが成田の場合ですと、日本時間朝3:00~4:00着なので体が非常に重く感じる事があります。

〇ハワイアン航空に乗れる

成田発のハワイアン航空はありません。

乗った瞬間から南国の雰囲気を味わえますので楽しいです。

〇空港が綺麗

羽田の国際線は近年拡張されたので、とても綺麗です。

冬にはイルミネーション、新ゲートはピカピカで気持ちいいです。

羽田空港のデメリットとは??

 

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

THE BUCKET LIST運営代表、夢追人、冒険家、起業家。 誰のものでもない自分の人生における、BUCKET LIST(死ぬまでにしたいこと)を一つでも多くやり遂げ、心豊かに仲間と笑い合いながら、「昨日よりも今日、今日よりも明日が楽しくなる」自分史上最高の毎日を迎えたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、夢を一緒に叶えられるSNSサービスを創るためにSynchronicity株式会社を共同創業。自分自身の夢を叶えることにも全力で取り組み、皆んなの夢も全力で応援して最高の人生づくりをサポートします^^