【ホノルルマラソンに参加しようvol.1】大会の概要を知ろう♪

ゴール4

ハワイで毎年12月に行われる『ホノルルマラソン』。

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

でも一体どんな大会なんだろう?自分でも参加できるのかな?

そんな疑問をお持ちの方向けに、2015年大会の概要をまとめさせて頂きました!

是非参考にしてみてください♪

 


1 ホノルルマラソンの大会概要

それでは大会概要の説明をさせて頂きます。

ホノルルマラソン

出典:http://www.honolulu-marathon.biz/

 

<ホノルルマラソン>

開催日時 2015年12月13日(日) 午前5時スタート予定。
競技種目 フルマラソン 42.195km(26マイル385ヤード)。
参加資格 7歳以上(7〜14歳のお子様が参加される場合は、コース上では保護者の方が常に一緒に同行してください。)
完走記念品 完走Tシャツと完走メダル、完走証が贈られます。

 

<レースデーウォーク>

ホノルルマラソンと同時に開催されるこちらのレース!

自分のペースで楽しく歩けるウォークラリーです。

お子様から年配の方まで年齢を気にせず、どなたでも参加できます。

レースデー

出典:https://www.atpress.ne.jp/news/36040

開催日時 2015年12月13日(日) 午前5時25分スタート予定。
コース アラモアナ公園をスタートし、マラソンと同じコースを通ってカピオラニ公園までの10km。
参加資格 年齢にかかわりなくどなたでも参加できます。
(14際以下のお子様が参加される場合は、コース上では保護者の方が常に一緒に同行してください)
記念品 参加記念Tシャツ、完歩証、完歩記念うちわが贈られます。

※大会当日の年齢が7歳以下及び80歳以上の方はエントリー料が無料となります。ただし、記念Tシャツのご用意はありません。Tシャツをご希望の方は別途2,500円が必要となります。

 

<コース>

マップ

出典:http://www.hankyu-travel.com/marathon/help.php

主催 ホノルルマラソン協会
種目 フルマラソン(42.195km)、レースデーウォーク(10km)
スタート 2015年12月13日(日)
コース アラモアナ公園(スタート)/ワイキキビーチ・
ダイヤモンドヘッド
経由/ハワイカイ(折り返し)/カピオラニ公園(ゴール)
エイドステーション
(給水所)
コース上15個所に設置。水とスポーツドリンク・
冷たいスポンジ・医療スタッフのサポートが受けられる。
制限時間 原則としてなし。
(フィニッシュエリアのサポートは午後2時まで実施)
参加資格 7歳以上の健康な男女
参加者人数
(昨年)
フルマラソン:30,445 人(内日本人13,458 人)
レースデーウォーク:2,983人(内日本人2,330人)
完走記念品 完走Tシャツ・完走証・完走メダル(フルマラソンのみ)

 

コースの詳細を知りたい方はこちらの記事『【ホノルルマラソンに参加しようvol.2】事前にコースをチェックしよう♪』を参照下さい♪

 


3 ホノルルマラソンの参加者について

ホノルルマラソン3出典:http://blogs.yahoo.co.jp/qsan0323/4105551.html

日本でも大人気のホノルルマラソン。実はその大会の規模は全米4大マラソンの一つに数えられ、世界でも6番目の参加者規模を誇ります♪

</tbody

出典:http://www.hankyu-travel.com/marathon/help.php

過去の話ですが1995年の23回大会には、

大会史上最多の34,434名のランナーが参加し、日本からも大会史上最多21,717名が参加しました。完走者は27,022名

すごい参加者数ですね!それほどホノルルマラソンには魅力が詰まっているという事です♪

 


4 ホノルルマラソンの完走について

ゴール4出典:http://mishboy.asablo.jp/blog/cat/honolulumarathon/?offset=45

フルマラソンの完走ってすごくハードルが高く感じますよね?

でもホノルルマラソンは少し異なるかもしれません!!

スタートラインを越えた方の約99%程度がフィニッシュラインを通過されているようです。つまり、スタートラインに立ったほとんどすべての方が完走

すごい完走率ですよね??ホノルルで走るという非日常の空間が参加者のモチベーションを上げているんでしょうか?

制限時間がないという点も初心者の方には嬉しいですね♪

ちなみに2009年の最終ランナーは15時間程度のタイムです!

とにかくスタートラインに立てば頑張れますよ♪

 


ホノルルマラソンのコース、イメージつきましたでしょうか?

やはりホノルルという非日常の空間の中で走れる、ということは素晴らしいですね♪

是非検討されている方や、既に参加が決まっている方の参考になれば幸いです!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

THE BUCKET LIST運営代表、夢追人、冒険家、起業家。 誰のものでもない自分の人生における、BUCKET LIST(死ぬまでにしたいこと)を一つでも多くやり遂げ、心豊かに仲間と笑い合いながら、「昨日よりも今日、今日よりも明日が楽しくなる」自分史上最高の毎日を迎えたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、夢を一緒に叶えられるSNSサービスを創るためにSynchronicity株式会社を共同創業。自分自身の夢を叶えることにも全力で取り組み、皆んなの夢も全力で応援して最高の人生づくりをサポートします^^