ハワイでその買い物に待った!!事前に絶対知りたい課税について

tax free

ハワイでのショッピング楽しかったね♪つい日本より安いから贅沢買いしちゃった!!女子のハワイ旅ならこのような事が必ずと言っていいほど起こります。しかし、ハワイで安く手に入れたからと言って安心してはいけません!そこには『課税』という落とし穴がありますので、その穴を回避するために知っておきたい事をまとめてみました。こちらはすぐにハワイのショッピングに活かせる情報になっていますので、ぜひご覧下さい。

 

1 課税の落とし穴

冒頭お伝えしたとおり、『課税』という落とし穴があるとお伝えしました。それでは、ハワイで安くショッピングした後に

日本の税関検査で発生する課税のことです!

「えっ!? でも免税品だから大丈夫でしょ?」

実は免税品でも関係なく『課税』が発生します!

それは日本に税金がかかる課税の対象だからです。

知っていて、日本の税関で申告しないというのは更に悪質ですが、知らずとも申告を怠った場合は『関税ほ脱犯』に適応し、

【10年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金又は併科】

このように関税法にて犯罪行為とみなされます。それを次の章で課税について分かりやすくご説明させて頂きます!

 

2 賢くショッピングするために

では、課税も考えつつ賢く買い物するにはどうしたらよいか?を考えていきます。現地で買うと本当に安くなるのか、を検討してきましょう!

 

2-1. 課税の制度について知る

小難しい説明はしませんので、簡単に課税の制度を知っておきましょう♪下の表が課税されない、『免税』の範囲内を示したものです。

 

  数量又は価格 内容/備考
酒類 3本 1本760ml程度のもの。
未成年者は免税対象外。
紙巻たばこ 200本(日本製)
200本(外国製)
海外居住者は免税範囲が2倍。
未成年者は免税対象外。
葉巻たばこ 50本
その他たばこ 250g
香水 2オンス オーデコロン、オードトワレ除く
その他 20万円
(海外市価の合計額)
品物の合計20万円までは免税(ただし1万円以下の品物は含めなくてよい)。20万円の範囲を越える品物は課税。20万円以上の品物については全額課税。

 

注目すべき項目が、

その他の20万円について

つまりその他に該当する商品が、1つ1万以上でかつ20万円するものについて課税が発生します!

例)30万円のカバンは課税対象

例)1つ9,800円のネクタイ30個は非課税対象

これでどの商品でいくらの買い物がすると課税対象になるか理解頂けましたかね。それでは、実際に課税対象になるといくら加算されるか考えて、本当にお得なのか考えてみましょう!!

 

2-2. いくら加算されるの?

では実際に、

ハワイで販売されている価格から、課税金額を足すとどうなるかを考えてみましょう!

2つを例に取って考えてみます。

 

tax free

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

THE BUCKET LIST運営代表、夢追人、冒険家、起業家。 誰のものでもない自分の人生における、BUCKET LIST(死ぬまでにしたいこと)を一つでも多くやり遂げ、心豊かに仲間と笑い合いながら、「昨日よりも今日、今日よりも明日が楽しくなる」自分史上最高の毎日を迎えたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、夢を一緒に叶えられるSNSサービスを創るためにSynchronicity株式会社を共同創業。自分自身の夢を叶えることにも全力で取り組み、皆んなの夢も全力で応援して最高の人生づくりをサポートします^^