ハワイの絶景「天国の海」サンドバーのおすすめツアー3選!

ハワイ サンドバー ツアー

海に囲まれているハワイには多くの島があります。

そんな数多くの島があるハワイの中で、「サンドバー」と呼ばれる場所があります。

別名「天使の海」や「天国の海」とも呼ばれているサンドバー。

今回はサンドバーの魅力や、観光の際に知っておきたいポイントを紹介していきます。

画像出典:https://goo.gl/qxYivd

1 サンドバーとは?

ハワイ サンドバー

出典:https://www.veltra.com/jp/hawaii/oahu/a/7525

干潮時にだけ姿を表すビーチでのことをサンドバーは、オアフ島の北東部にあるカネオヘ湾に位置しています。

サンドバー(sandbar)は日本語で砂州(さす)という意味。

海は一定の感覚で潮の満ち引きを繰り返しているため高さの変化があります。干潮時に海の水面が一番低くなると、海の真ん中に小さな浅瀬ができることがあります。

また、この浅瀬の砂浜は厳密には砂ではなく、サンゴ礁が細かくなった破片なんです。

これが「サンドバー」と呼ばれているものの正体です。

息を呑むような絶景に浮かぶサンドバーには様々な伝説も残っています。

ハワイと聞いて連想するものの一つに「フラダンス」があります。

現地では「フラ」と呼ばれているあのダンスは本来、ハワイ古来の宗教が関係する聖なる踊りのことを言います。

ネイティブハワイアンにとってフラは、神に捧げるために踊る神聖な儀式。

サンドバーで、フラの女神とされる「ラカ」が、火の神ペレにフラを捧げたという伝説が残っています。

そのためサンドバーは「フラの聖地」とされており、ヒーリングスポットとしても人気があります。

アメリカ人宣教師たちが1820年以降、上半身裸で踊るフラを異教の舞踊として禁止していた時代がありましたが、その間もネイティブハワイアンたちは、人目を避けることのできるサンドバーでフラを神に捧げていたという逸話も残っています。

2 サンドバーに行く前に知っておくべき注意点

ハワイ サンドバー

出典:https://simchange.jp/line-mobile-caution/

珊瑚礁にはたくさんの種類の生物が集まり、ウミガメの生息にも最適なんです。

そのため、このカネオ湾は自然環境的にも非常に重要な場所として、世界の研究機関から重要視されています。

サンドバーを訪れる前に、自然環境保護のため、注意点をしっかり把握しておきましょう。

2-1 何も残さない

ビニール袋1枚であったも流さないよう注意しましょう。

飲み物を捨てたりするのもNGです。

2-2 何も持ち帰らない

自然物を持ち帰ることもNGです。

自然にあるものは自然の所有物であるという考え方が、ハワイにはあるためです。

2-3 何も変化を加えない

サンドバーで穴を掘ったり何かを埋めたりしもいけません。

自然をそのままの形で楽しみましょう。

3 おすすめツアー

3-1 ミガメウオッチクルーズ

ハワイ サンドバー

出典:https://www.veltra.com/jp/hawaii/oahu/a/5702

海の真ん中に浅瀬が広がる、神秘的なサンドバークルージング。

360度海に囲まれた絶景の中でのお散歩やシュノーケリングをお楽しみいただけます。

3-1-1 スケジュール例

→【09:10-10:30】ワイキキ地区指定ホテルへお迎え / もしくは現地集合

→【10:30】ボートハーバー出発!ウミガメの生息地を通りサンドバーへ

→【11:00】サンドバー到着

→【12:00】シュノーケリング
たくさんの魚が生息しているサンゴ礁でシュノーケリングをお楽しみいただけます。

→【14:30】ボートハーバーへ帰港

→【14:30-16:00】ワイキキ地区指定ホテルへお送り / もしくは現地解散

3-1-2 料金

大人(12歳以上) USD 133.00

子供(3~11歳) USD 113.00

幼児(0~2歳)無料

3-2 キャプテン・ブルース シュノーケリング&ウミガメウォッチクルーズ

ハワイ サンドバー

出典:http://alohahawaii.club/home/beach/kaneohe-sand-bar/

キャプテン・ブルースの船に乗ってサンドバーへ!

幻想的な光景の中、ウォーキングやシュノーケリングをお楽しみください。

ウミガメスポットでは、ウミガメが目の前まで来てくれることも!

3-2-1 スケジュール例

→【11:20-12:50】ワイキキ地区指定ホテルへお迎え / もしくは現地集合

→【13:00】ボートハーバー出発、7分沖合いのサンドバーに到着

→【13:15】タートルウォッチング!雄大な大地を泳ぐウミガメや、南国ならではの色鮮やかな魚を観察してみてください!

→【13:45】サンドバーでの散歩・写真撮影。約一億年前に隆起して出来た沖合いに浮かぶ白い砂浜が広がる砂洲。潮の干満に応じ、姿を表し、干潮時には足首程度の水深となり、サンドバー上を歩くことも可能。

→【14:45】シュノーケリング 。しっかりとブリーフィングを行った上でシュノーケリングを行うので安心してお楽しみいただけます。

→【16:00】港へ帰着

→【16:00-17:30】ワイキキ地区指定ホテルへお送り / もしくは現地解散

3-2-2 料金

大人(12歳以上) USD 135.00

子供(3~11歳) USD 125.00

幼児(0~2歳)無料

3-3 ダイヤモンドヘッド日の出ハイキング & カイルア観光&サンドバーシュノーケリングクルーズ

ハワイ サンドバー

出典:https://welove.expedia.co.jp/destination/usa/13254/

人気スポットを1日で巡る、よくばりなツアー。

ダイアモンドヘッドで朝日を鑑賞した後は、カイルアタウンへ。

人気のパンケーキやお買い物を楽しんだら、最後は360度海に囲まれたサンドバーの幻想的な風景をお楽しみいただけます。

3-3-1 スケジュール例

→【05:00-05:30】ワイキキ地区指定ホテル、カハラホテルへお迎え

→【06:00】ダイアモンドヘッド登山開始!ハイキングをお楽しみください♫

→【07:30】ダイアモンドヘッド登山口出発

→【08:30】カイルアタウン到着後、自由行動 (3時間30分)

~自由行動の過ごし方~

<例1>カフェやレストランでパンケーキを楽しもう

行列覚悟の超人気店ブーツ&キモズや、日本にも出店するシナモンズレストラン、モケズブレッド&ブレックファーストで本場の味をお楽しみいただけます!

<例2>ビーチでリラックスするものおすすめ!

徒歩20分程でカイルアビーチ、さらに15分程行くとハワイで最も美しいビーチの一つラニカイビーチに到着。レンタサイクルの利用もおすすめで!

<例3>ローカルのおしゃれなブティックを散策♪

→【15:30】ハーバーへ帰港

→【17:00】ワイキキ地区指定ホテル、カハラホテルへお送り

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「天国の海」サンドバーでは普段決して見ることのできない絶景が楽しめます。

ハワイに行ったら一度は訪れてみたいですね!

ハワイ サンドバー ツアー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です