チップ
ハワイ AREA

”使える”ハワイの基礎知識♪『チップ』の払い方について

海外滞在中(ハワイ)で困ることがいくつかあります。

中でも私たち日本人を困らせるのが『チップ』の制度。。

慣れない方にとっては、よく分かりませんよね??

そんなアナタの為に”チップの払い方”や”相場”、”注意点”についてお伝えします!!

これを見ればチップ払いも怖くない♪

 


1 チップとは

チップ

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/sudacoffeecompany/31267702.html

日本では全く馴染みがないので戸惑う方が多くいますが、チップとは

サービスの利用に際し規定料金とは別に支払う、”心づけ”の現金をいいます。

受けたサービスに対して、「気持ちを表す」大切なマナーなんですね!

一般的には硬貨ではなく『紙幣』で渡すのが慣例です!!

アメリカ紙幣については『【見れば分かる!!】ドル紙幣を理解しよう♪札・硬貨まとめて解説!』を参照下さい♪

1ドル札はチップ払いに活躍しますので、多めに持って行きましょう♪

次の章では実践編、実際のチップの目安料金をお伝えします♪

 


2 チップの目安料金の早見表

チップ早見表

出典:http://woman.mynavi.jp/article/141017-229/

サービスの内容によって支払うチップの金額が変わってきます!!

以下の表を確認しましょう♪

サービス内容チップ
宿泊部屋のベッドメイキングに対して

ベッド1台につき$1

(枕のあたりに置くのがグッド)

荷物を運んでもらうポーターに対して

荷物1個につき$1~2

(直接手渡しで渡す)

レストラン
タクシー
スパ
ルームサービス
などなど

※合計料金の10~15%を支払う

 

※印について、次の表を参照下さい!!

 

合計金額チップの目安
$10~15$2
$20$3
$25$4
$30~35$5
$40$6
$45$7
$50~55$8
$60$9
$65$10
$70~75$11
$80$12
$90~95$13
$100$14
$105$15

 


3 クレジットカードを使った時はどうする??

カード使用時

出典:http://seki77.hatenablog.com/entry/20151019/1445248800

現金を持ち歩きたくないので、大抵はクレジットカードで精算しますよね。

そんな時のチップはどうするのか?

結論『カードでもチップは支払えます』♪

支払い方は、

Ⅰ 伝票内のTip(チップ)欄に『チップ額』を書く
Ⅱ その下にチップ額を含めた合計金額を記入する

チップのレシート

出典:http://blktommy.exblog.jp/m2006-06-01/

以上でカード精算でもチップは支払えることが分かりましたね♪

 


4 二重で支払われる可能性がある!?

知らないと損することも。

あらかじめ合計金額にサービス料(Gratuity)15%が加算されていることがあります!!

サービス料込

出典:http://girlschannel.net/topics/380575/

この場合はレシートのサービス料(Gratuity)をしっかり確認しておけば問題ありません♪

特にワイキキ市内のレストランやスパではよく見かける制度です!

この記載があれば『チップは不要』ということを覚えておきましょう♪

 


チップの払い方についてここまでまとめてきました。

日本にはないサービスで最初はかなり困惑しますね。

でも1,2回続ければ勝手が分かってきますので安心してください♪

事前にこの制度を理解していれば何も怖くありませんので、是非参考にしてください♪

 

FOLLOW ME

この記事が気に入ったらいいね!をしよう

この記事が気に入ったらいいね!しよう