【元旅行会社員が語る】ハワイの旅費を下げる11のコツ(2page)

 

2-2 一番おすすめの航空会社と手配の方法

航空券を手配する上で、『おすすめの航空会社』と『手配の方法』も知っておいた方が旅行に役立ちます。

 

2-2-1 おすすめの航空会社

日本からハワイに就航している航空会社は『7社』あります。

<日系>

◆日本航空
◆全日本空輸

<米系>
◆ユナイテッド航空
◆デルタ航空
◆ハワイアン航空

<その他>
◆大韓航空
◆チャイナエアライン

それぞれの特徴については以下の記事でまとめておりますので、是非ご確認ください。

『【添乗員が語る!!】おすすめの航空会社の選び方特集 in ハワイ』

 

2-2-2 格安航空券の手配方法

こちら正解や絶対的な回答はありませんが、比較的安い料金で提示しているサイトをご紹介します。

◆エイビーロード
http://www.ab-road.net/?vos=dabrvccp002805041520

◆てるみくらぶ
http://www.tellmeclub.com/hawaii/
※メルマガ登録するとキャンセル発生の超格安航空券の情報を入手できます。

 

2-3 宿泊を安くするコツ

上記の格安航空券を手配した場合、宿泊も別途手配する必要があります。

そこで、少しでも滞在費用を下げるにはどんなコツがあるでしょうか?

『単価の安いホテルに定員数通りに宿泊する』、『ホテルカテゴリーを理解する』、『びびなびを使用する』の3点です。

 

2-3-1 ホテルは定員通りに

海外にはシングルルームという考え方自体があまりありません。

なので基本はツインルームになるので、一人で宿泊すると2倍の料金が発生します。

一人旅の場合でも、パッケージツアーに参加すれば相部屋の依頼も通す事が出来ることもあるので、是非活用しましょう。

 

2-3-2 ホテルカテゴリーを理解

海外で宿泊できるのは何も『ホテルだけ』ではありません。

様々なタイプの宿泊先を理解しておきましょう。

◆ホテル

◆コンドミニアム
※家族やグループなど、複数人で泊まることを前提に作られた大きな宿泊空間
※人数が増えればその分ホテルよりも一人当たりの単価が安くなることも
※もっと詳細が欲しい方は『事前に知っておきたい!ハワイのコンドミニアムについて』を参照ください。

◆ドミトリー
※いわゆるホステル。知人以外との同室になる格安の宿泊所
※料金は安い分、ホテルなどに比べるとプライベートやセキュリティが心配

のようなカテゴリーを理解した上で、しっかりと選定していきましょう。

 

2-3-3 びびなびを使用する

一般的な宿泊以外にも格安で宿泊出来るサービス、それが『びびなび』です。

サービスの詳細は『ハワイで格安で宿泊するなら『びびなび』にお任せしよう!!』を参照ください。

 

3 現地滞在費用を節約するコツ4選

節約

出典:https://bijinbu.me/articles/4852

絶対的に発生する旅行代金以外にも節約する方法があります。

4つのコツを見ていきたいと思います。

 

3-1 JCBカードを利用する

今では広く知られた節約術の1つが、JCBカードを持参することです。

このカードを持っているだけで本当にお得な以下の特典が揃います。

◆ショッピング
◆レストラン
◆スパ
◆トロリー
◆ラウンジ

詳しい情報は『ハワイ旅行を楽しくお得にするJCBカードの魅力特典まとめ』を参照ください。