リボンレイの作り方や編み方を学んで可愛いDIYリボンレイを作ろう♪

リボンレイ

ハワイの伝統工芸品である『リボンレイ』。デザインも可愛いので、プレゼントにも♪自分のアクセサリーとしても♪オシャレで可愛いリボンレイを手作りしちゃいましょう!!

 

1 レイとは

レイ

Photo credit: Calsidyrose via VisualHunt / CC BY

レイとは

頭・首・肩などにかける装飾品で、主にハワイにおいて用いられる。 観光用に用いられる花のレイが一般的に知られているが、その種類はシダ、海草、貝殻、羽毛、果実、鮫の歯など多岐にわたる。

ハワイではもともと自然を神として崇め、山のもの、海のもの、その自然のひとつひとつに霊が宿ると言われます。なので『レイ』も自然のものから作り、神の分身と思い“お守り”や“魔除け”として身につけられてきたそうです!!

 

2 リボンレイとは?

リボンレイ

Photo credit: yuki.koga via Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

では作り方の講座の前に、そもそもリボンレイとはどのようなものなのか??リボンレイとは、

ハワイの伝統工芸品の『レイ』を生花を使わず、リボンを縫ったり編んだりして作る『ハワイアンクラフト』です♪

リボンレイは1990年代の半ばに誕生しました!

クラフトショップで働く従業員が、フラのコンテストやイベントのたびにレイの材料となる「ハワイの美しい花や葉が摘み取られていることを悲しく思い、
”ハワイの美しい自然を守るために、自分に何ができるか”を考え、商品に並んでるリボンでレイを作ることを思いついたのが起源です!

リボンレイ

Photo credit: coconut wireless via VisualHunt / CC BY-ND

今では多くのデザイナーさんがデザインを考えたりされています♪

次の章からいよいよ、携帯用にも作れる小物リボンレイの作り方をご紹介します♪

 

3 リボンレイの作り方まとめ

それでは実際にリボンレイの作り方をご紹介するサイトから学びましょう♪

 

リボンレイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です