【本当にお得??】ヒルトンのタイムシェアについて真剣に考えてみた。

全世界のヒルトンでタイムシェア制度。おそらく日本の方で購入を考える場所は『ハワイ』ではないでしょうか?今回はハワイでタイムシェアを行う場合、本当にお得なのか?という点について真剣に考えてみました!検討されている方は是非参考にしてみて下さい。

 

1 ヒルトンのタイムシェア制度について

ヒルトンタイムシェア1

出典:https://www.timeshare-off.com/

ヒルトンのタイムシェアとは、

一つの部屋を1週間毎52週に分けて1年あたり1週間分の利用権を購入するというのが基本のタイムシェア。コンドミニアム・スタイルのお部屋を1週間単位で所有し、本当にハワイに暮らしているかのようなゆったりとした時間を楽しむ。バケーションスタイル「タイムシェア」です。

つまり、52人で1つの部屋を購入するという訳。毎年1週間その部屋を利用する事が出来るという事です。またヒルトンが世界中にあるため、世界8,000ヵ所以上の豊富なホテルやリゾート施設と交換利用ができるので、世界中に自分の部屋をもつという優雅なライフスタイルを実現できる。

 

2 ホテルとの違い

普通に滞在する場合と何が違うのか、比較してみましょう。

 

2-1 1週間単位で所有なのでリーズナブル

毎年ハワイに行く方にとっては、長期的に見ると非常にリーズナブル。
週単位であれば何口も所有できるので、自分の部屋にすることができる!

 

2-2 子供や孫の代まで、所有の財産

通常の不動産と同様に土地・建物を州政府に登記し権利書が発行され、自身の所有物件として永代所有できる財産となる。毎年管理費を払う必要があるが、部屋の維持管理に悩む必要がない。

 

2-3 充実しているリゾート体験

オーナーになれば、宿泊者と同様のサービスを受けることが可能。ハワイには日本語デスクも多いので、ストレスも少ないです!!

 

2-4 コンドミニアム型の会員限定の部屋

オアフ島の『ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ』内にはタイムシェア会員限定の宿泊棟があります。この『ラグーンタワー』で贅沢な時間を過ごすことができます。

 

こういった制度になっています。これだけ聞くとメリットしかなく、素晴らしい制度に聞こえます。ただし、デメリットもよく考えながら検討してみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryo

THE BUCKET LIST運営代表、夢追人、冒険家、起業家。 誰のものでもない自分の人生における、BUCKET LIST(死ぬまでにしたいこと)を一つでも多くやり遂げ、心豊かに仲間と笑い合いながら、「昨日よりも今日、今日よりも明日が楽しくなる」自分史上最高の毎日を迎えたい。 そういった想いを一人でも多くの人と共有し、夢を一緒に叶えられるSNSサービスを創るためにSynchronicity株式会社を共同創業。自分自身の夢を叶えることにも全力で取り組み、皆んなの夢も全力で応援して最高の人生づくりをサポートします^^