よく耳にする「恋に恋している人」の特徴5選

「恋に恋している」というフレーズを耳にしたことはありませんか?

よく聞くフレーズで実際に言われたことがある方も少なくないのでは?

恋に恋しているとは簡単に言えば「恋をしている自分が好き」な状態の事。

その為、高すぎる理想の相手やシチュエーションを求めすぎてしまう傾向にあります。

そこで今回は、恋に恋をしている女子の特徴をご紹介!

もし自分が当てはまるようなら、もう少し現実を見た方がいいかもしれませんね!

 

1 もう少し現実みたら?恋に恋している人の特徴5選

1-1 妄想癖がある

イメージ

誰でも脳内恋愛はします。

妄想にふけることはそれほど悪いことではありませんが、あまりに妄想癖が強すぎると、リアル恋愛は難しくなります。

その理由は妄想は自分の思い通りになるから。

しかし、リアルな恋は相手がいる為、全てが思い通りにはなりません。

思い通りにならないことも含めて恋愛ですよ!

 

1-2 恋をしている自分が好き

恋に恋をしている人の大半がコレ!

「この人の事を好きになった自分が好き」「この人の為に尽くしている自分が好き」というのは恋していないのと同じです。

貴女が好きなのは彼氏ではなく恋している自分自身ですよ

 

1-3 冷めやすい

バラ

恋に恋している人は恋愛が長く続きません。

その理由は相手の嫌な部分が見えるとその人の事が嫌いになってしまうから。

本当にその人の事が好きなら、嫌な部分も受け入れる努力をするはずです。

少しでも相手の嫌な部分が見えて冷めるようなら、それは恋愛ではなく、恋に恋しているだけなのかもしれませんね!

 

1-4 人気者に弱い

恋に恋している人はミーハーだと言われます。

人気者だから付き合いたい、ハイスペックだから付き合いたいと思う傾向が強いそうです。

彼氏の長所しか見えていないならもしかしたら恋に恋しているだけで、ちゃんと彼の事を見ていないのかも?

 

1-5 恋愛経験が少ない

恋愛

仕方がないのですが、恋愛経験が少ない人はどうしても恋に恋している傾向が強め。

リアルな恋をしたことがない為、比較の対象がありませんよね?

特に若い時なら恋に恋するという経験を味わうのも悪くないのかも?

 

まとめ

今回は、恋に恋している人の特徴をご紹介させていただきました。

恋に恋している人は意外と周りが見えていないことが多い為、自分が恋に恋しているとは気づいていません。

もし一つでも当てはまる特徴があるなら、貴方も恋に恋しているのかも?

恋に恋しているのはドラマや映画のようで楽しいのですが、現実を見ないと本当の恋愛はできませんよ!