バケツ
AREA その他

今更ですが「バケットリスト」の意味知っていましたか??

こんにちは、リョースケです。最近は夢の事業が加速してきて、色んな人の夢を聞けてるのがすごく楽しいです^^皆さんの夢はなんですか??一人でも多く聞いて、その実現のお手伝いを出来たら幸せです!

さて本題ですが、いつも「BUCKET LIST」や「バケットリスト」という言葉を平気で使っていますが、皆さんはこの言葉の由来や本当の意味をご存知ですか??今更かもしれませんが、説明させて頂きたいと思います!!

 

バケットリストとは

バケットリスト

改めて初心に戻りまして、バケットリストの意味を探りたいと思います!!まずはバケットリストの元々の英語は「BUCKET LIST」です。意味は

「死ぬまでにしたいことのリスト」

なんです。日本でも知っている人は1割くらいでしょうか。海外では結構一般的に広まっているフレーズでもあります。でも直訳すると「BUCKET」と「LIST」が混ざった言葉なんて意味不明じゃないですか??実はそこには色んな背景があるんです。

 

バケツを蹴る!?

バケツ

まずは「BUCKET(バケット)」の意味から解剖していきましょう。このバケツには深い深い意味があります。まずはこのフレーズ、

「kick the bucket(キック ザ バケット)」

直訳すると”バケツを蹴る”、という意味になるはずなんですが、そうではなく

「自殺する」

という強烈な意味になるんですね。。それはなぜか??首を吊って自殺する時には首に縄をかけていますよね。そして少し高い台(土台)の上に立ちます。そしてその土台(バケツ)を蹴ることで自殺することができます。そのことから、

バケツを蹴るという行為=自殺

という言葉が英語で定着したんです。ちょっと悲しい話題ですが、実際に広がっていた話題ですのでバケットリストを語る上では避けては通れません。

 

ネガティブをポジティブに

ポジティブ

先ほどは少し衝撃的なフレーズに聞こえてしまったかもしれませんね。kick the bucketの対象的なフレーズとして

「before kicking the bucket(死ぬ前)」

というフレーズがあります。つまり「その蹴る予定のバケツを大事にする」という意味で、「BUCKET LIST(バケットリスト)」という言葉が出来上がったわけです。なので

「死ぬまでにしたいことをしっかりとリストにしておく」

という意味のフレーズになったことも腹落ちできますね。

 

まとめ

バケットリストの意味を改めてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか??前半は少し衝撃的なお話だったかもしれませんが、その言葉の意味を知れば知るほど、この言葉の尊さや大事さを感じることができます。この意味を感じたアナタもぜひ、バケットリストを作ってみてください^^

FOLLOW ME

この記事が気に入ったらいいね!をしよう

この記事が気に入ったらいいね!しよう