【死ぬまでにしたいこと】ジンベイザメと一緒に泳ぎました!

DCIM100MEDIA

こんにちは、Synchronicity 共同代表のしょーたろです。

ゴールデンウィーク休暇でフィリピンのセブ島に来ているのですが、現地の方から”Are you Singaporean?”と聞かれました

“How do I look like?” と聞き返したら、

“Singaporean”と言われました。シンガポール人ですか?と聞かれているので当然ですよね。笑

 

ヨーロッパやアジアを中心にこれまで色んな国に行って来たのですが、”Are you Japanese?”と聞かれたことがあまりないんです。

ある時は”Somewhere in Asia” とか ”Looks like Asian but not from Japan” と言われ、またある時は日本人から「香港の方ですか?」と言われ・・・笑

 

さて、気を取り直して行きましょう!

セブ島にはエキサイティングなアクティビティがたくさんありますが、今回は「野生のジンベイザメと一緒に泳いできました!」

現地で仲良くなったドライバーさんから「出現率が100%でジンベイザメと一緒に泳げるスポットは他にはない」と言われ、「本当かなー?」と半信半疑で参加しましたが・・・

 

 

実際にはこんな近くでジンベイザメと一緒に泳ぐことができました!

ものスゴい迫力です!

Swim with whale shark 1

Swim with whale shark 2

 

なんでジンベイザメと一緒に泳ぎたいと思ったのか?

単純にデカイ生き物と泳ぎたい!と思ったからです。笑

昔から動物が好きで、小学時代の図書室の時間には、読書をしないで恐竜図鑑や動物図鑑、深海魚図鑑を見ていたくらい動物が好きな少年でしたが、野生のデッカい動物を直接見たことはありませんでした。

 

サメと聞いて「一緒に泳いで大丈夫なの?」とか「人間も食べられちゃうんじゃないの?」と思われる方も多いかもしれませんが、動きは暖慢で危険性は低いのと、プランクトンやエビを主食とするみたいで、こちらから何か危害を与えない限り襲われたりはしないそうです。

(僕はエビではなくカニなので、大丈夫でしょう!笑)

 

どこに行けばジンベイザメと一緒に泳げるのか?

セブ島の最南端にある「オスロブ」という小さな街です。

ジンベイザメが出没するエリアはタイやメキシコ、ガラパゴス諸島など世界で数カ所ありますが、通年でかつ100%に近い確率でジンベイザメと遭遇できるのはセブ島の「オスロブ」だけのようで、「世界有数のジンベイザメスポット」とも言われています。

船からジンベイザメを見るだけのツアーが500ペソ(1ペソ=2.2円換算で1,100円)、シュノーケリングでジンベイザメと一緒に泳げるツアーが1,000ペソ(同換算で2,200円)となっていますが、2,000円ちょっとでジンベイザメと一緒に泳げるってメチャクチャお得ですよね!

 

僕たちは「マクタン島」から出発しましたが、「オスロブ」に到着するまでに車で3時間ほどかかりました。

「世界有数のジンベイザメスポット」ということもあり、かなり人気の高い観光スポットになっています。

セブ島の中心部からの道路事情もあまり良くない(片側一車線の道路で貨物トラック島も通る)ので、できるだけ早朝に出発して昼前にツアーに参加するのがオススメです。

 

どんな感じで泳いで来たのか?

「結構遠くまで行って、深くまで潜らなきゃいけないじゃないの?」

「本当に近距離でジンベイザメと泳ぐことができるの?」

「危なくないの?」

色んな疑問が湧いてくると思いますが、僕が実際にジンベイザメと泳いだ決定的瞬間を押さえた写真をご覧ください!

 

DCIM100MEDIA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kanye

大手日系証券会社、外資系投資銀行でM&Aアドバイザーとして活動。成長よりも楽しさを求める人生に方向転換し、皆んなが助け合える小さな世界を創るために起業。