名前

知ってたら絶対得をする!出会った相手の名前を覚えるコツ5選

人の名前を覚えるのってかなり大変ですよね!

特に仕事関係の人は名前を間違えるわけにはいきません。

突然相手の名前を度忘れする場合も焦りますよね?

相手がしっかりと貴女の名前を呼んでいたらなおさらです!

そこで今回は、出会った相手の名前を覚えるコツをご紹介!

ビジネスでは勿論、コンパでも使えるのでぜひとも覚えておきましょう!

 

1 出会った相手の名前を覚えるコツ5選

1-1 何度も名前を呼ぶ

覚えるなら口に出すのが一番。

初対面なら、何度も相手の名前を呼ぶことが大切です。

相手の名前を何度も口にすることで自然と、名前が記憶されます。

名刺交換の時は勿論、コンパでも有効ですよ!

 

1-2 ニックネームを付ける

ニックネーム

ニックネームを付ける事で相手の名前と顔がリンクしやすくなります。

特にコンパや友達の知り合いを紹介された時に有効です。

名前が覚えらえなくてもニックネームなら意外と記憶できますよね。

最悪名前を忘れたとしても、「○○って名前なんだっけ?」と聞けるはず!

「○○だよ!忘れたの?」と言われた場合も、下の名前が知りたかっただけ!名字しか知らないから!」と誤魔化せばOKですよ!

但しビジネスの場合はニックネームでは呼べないので、自分の中での関連付けとして使いましょう!

 

1-3 相手の特徴をメモ

これはビジネスでも使えますよね。

例えば「鈴木さん…スーツにこだわりがある」「山田さん…時計好き」など分かりやすい特徴をメモすることで、自然と顔と名前をリンクさせることができます。

実はこのやり方は、「キャラクターカード」とも呼ばれ、銀座の高級クラブのホステスが顧客の名前を覚える時にも使用されるそうです。

特徴を書くことでより明確に名前と顔が一致するそうですよ!

 

1-4 相手に興味を持つ

女性

興味を持った相手の事は忘れませんよね?

好きになる必要はありませんが、興味を持つことはかなり大切かも?

会っている時くらいは、相手に興味を持つようにするだけで、名前が記憶に刻まれます!

 

1-5 相手の似顔絵を描く

簡単な似顔絵を描くこともかなり有効的です!

写メを撮った方が早いのですが、何となく失礼な気がしますよね?

それに写メを撮っただけだと、その人の名前を覚えるのに時間がかかってしまいます!

描くという行為が大切ですよ!

まとめ

今回は、出会った相手の名前を覚えるコツをご紹介させていただきました。

相手の名前を覚える事は結構大変ですが、覚えていないと相手に対してかなり失礼ですよね?

名前を覚えることが苦手という方は是非とも参考にしましょう!