ニューカレドニア 水上コテージ おすすめ
AREA ニューカレドニア in France

水上コテージに宿泊!憧れのニューカレドニア・メトル島の魅力を徹底解説!

念願の海外旅行では、年に何度も行くことができないからこそ、現地では特別な思い出を作りたいもの。

ですが、そんな特別な海外旅行だからこそ、やはり旅先と宿泊ホテルは慎重に選びたいところですよね。

そこで今回お勧めするのは日本から約8時間40分のフライト、時差はたったの2時間という、オーストラリアの東方、南太平洋のメラネシア地域にある「ニューカレドニア」です。

小説・映画“天国からいちばん近い島”で有名になった「ニューカレドニア」は、透き通る美しい海とパウダーサンドの白い砂浜が魅力の観光地。

ビーチでのマリンスポーツやショッピングはもちろん外せませんが、やはり最高の思い出にふさわしいのは、その透き通る美しい海を眺めながらゆっくりとした時間を過ごすことができる「水上コテージ」ではないでしょうか?

ニューカレドニアで素敵な思い出を作るためにも、是非水上コテージに宿泊してほしい!!

ということで、今回は、そんな素晴らしい魅力溢れるニューカレドニアならではの宿泊施設「水上コテージ」について紹介していきます!

ニューカレドニアで宿泊ホテルに迷っている方は、必見です。

1 ニューカレドニアの水上コテージは、どの島にあるの?

ニューカレドニア 水上コテージ 場所

出典:https://www.tour.ne.jp/w_special/cottage/vol2/

一生に一度は泊まってみたい宿泊施設の中に、美しい海に浮かぶ「水上コテージ」をあげる方も多いのではないでしょうか?

ニューカレドニアは、フランスの香り漂うお洒落な街並みで観光の中心部ヌメアがある「グランドテール島」や、“天国からいちばん近い島”の舞台にもなった「ウベア島」、手付かずの自然とブルーのグラデーションの海が歓迎してくれる「インデパン島」、珊瑚礁に囲まれた楽園「メトル島」などからなる離島で、それぞれの島ごとに魅力が異なるのが特徴です。

その中でも今回紹介するのは、珊瑚礁に囲まれた楽園「メトル島」です。

この島には、ニューカレドニアで唯一の水上コテージがあり、島全体が一つのリゾートとなっているワンアイランド・ワンリゾート!!

以下では、まず「メトル島」について紹介していきます!

2 珊瑚礁に囲まれた楽園「メトル島」とは?

ニューカレドニア 水上コテージ 

出典:https://www.tabikobo.com/tabi-pocket/southpacific/newcaledonia/article4141.html

ここでは、まずニューカレドニアで唯一の水上コテージがある「メトル島」について触れていきます!

ニューカレドニアの中でも魅力溢れる島なので、ニューカレドニア旅行をお考えの方は、要チェックですよ。

♦︎メトル島の魅力

メトル島は、太平洋上に位置する島で、ニューカレドニアの列島に属するフランスの海外領土です。

ニューカレドニアの玄関口である首都ヌメアから、南南西へ6キロメートル沖合いにあり、周辺の海は海洋保護地区に指定されています。

その魅力は、離島でありながら首都ヌメアからのアクセスがしやすいところにあり、カップルやハネムーンでの旅行に大人気のスポットです!

美しい珊瑚礁に囲まれたこの離島は、ホテルやレストラン、売店のスタッフが寝泊りするほかに住民が存在しないので、都会の喧騒から離れてゆっくりとした時間を過ごしたい方には、ぴったりの場所なんですよ。

♦︎メトル島へのアクセス方法

ニューカレドニア 水上コテージ 水上タクシー

ニューカレドニアにあるメトル島へのアクセス方法は二通りあります。

一つ目は、首都ヌメアにあるココティエ広場やマルシェ近くのヨットハーバー・モーゼル港からの定期船でアクセスする方法。

二つ目は、アンスヴァタビーチの中央付近にある発着所から出発するタクシーボートでアクセスする方法です。

ヨットハーバー・モーゼル港からは、約7.5キロメートルの距離にあり、定期船で約15分程度。

アンスヴァタからは4.5キロメートル離れた距離にあり、タクシーボートで約10分程度になります。

どちらも短時間で行くことができるので、メトル島へ行くのに苦になるということは少ないですよ。

3 メトル島の楽しみ方!

ニューカレドニア 水上コテージ 楽しみ方

出典:http://www.spmc.jp/hotel/nc_escapade.htm

上記では、ニューカレドニアにあるメトル島について、その魅力とアクセス方法を紹介しました!

ここでは、そんなメトル島の楽しみ方について書いていきます!

♦︎珊瑚礁に囲まれた美しい海でのマリンアクティビティ!

メトル島は、気軽に行くことができる離島として人気ですが、人が少ないことからのびのびを観光を楽しむことができます!

メトル島の魅力はなんといってもその美々しいビーチ!!

日本の海とは比べものにならない美しさに、言葉を失ってしまうほどの感動を味わえます。

また、そのビーチで楽しむことができるマリンアクティビティの種類も豊富で、アクティブ&絶叫系はもちろんのこと、のんびり美しい海を堪能することもできますよ。

海の底が見えるほど透明度が高いラグーンには、珊瑚礁が点在しており、カラフルでトロピカルな魚も泳いでいるので、一日ビーチにいても飽きることがないほど魅力的。

ゆっくりとした時間の流れを感じながら過ごすメトル島でのひと時は、きっと忘れられない思い出になります!

♦︎マリンアクティビティセンター「AQUAZUR」

ニューカレドニア 水上コテージ AQUAZUR

リゾート内には、マリンアクティビティセンター「AQUAZUR」が併設されており、マリンジェットやカヌー、バナナボート、パドルサーフィンなどのアクティビティを思う存分満喫することができます。

「AQUAZUR」は、フランス語がわからない方でも、日本語メニューがあったり、日本人スタッフが常駐しているので安心です!

また、受付の横にはハンバーガーやバニーニなどの軽食を頼むことができる売店や休憩スペースもあるので、疲れたときにも一休みでき、自分のペースで楽しむことができますよ!

【アクティビティの種類】

ニューカレドニア 水上コテージ アクティビティ情報

メトル島で楽しむことができるアクティビティは様々ですが、オススメはシュノーケリングです!

日本では見ることできない美しい魚たちの世界を除くことができるシュノーケリングは、ニューカレドニアならではの景色なので是非体験して欲しいものの一つ!

シュノーケリング 以外のマリンアクティビティとしては、絶叫系の定番であるバナナボートやジェットスキーが人気で、のんびりと美しい海を堪能したい方は、パドルサーフィンやオーシャンカヌーがいいでしょう。

 

アクティビティ種類

料金

ジェットスキーレンタル(2人乗り)

6000cfp/15分・9000cfp/30分・12000cfp/45分・15000cfp/60分

ジェットスキーツーリング(2人乗り)

島周回コース13000cfp/30分・18000cfp/60分
ジェットスキー無人島ツーリング
(2人乗り)
20000cfp/90分・24000cfp/120分
2名限定バナナボート 海ガメツアー

3500cfp/20分(1名)

 

バナナボート(2名~3名)

2500cfp/10分(1名)

ウェイクボードスクール(1名)

初回6000cfp/15分・2回目以降3000cfp/15分

オススメ!!無人島スノーケリングツアー(3名~)

8000cfp/約2時間30分 ※ライフジャケット&ウエットスーツ&ソフトドリンク付
オーシャンカヌー(1人乗り)

1000cfp/30分・1500cfp/60分・2000cfp/90分

 

パドルサーフィンボード

1500cfp/30分・2000cfp/60分・2500cfp/90分

ドルサーフィンボード

1500cfp/30分・2000cfp/60分・2500cfp/90分
スノーケルレンタル

1500cfp/1日(ホテルゲスト無料)

 

マーメイドフィン1着

2000cfp/30分

マーメイド撮影用の貝型フロート椅子

1000cfp/30分

 

♦︎ウミガメやジュゴンに会える!?

メトル島の周辺は海洋保護区域に指定されており、ここではかなりの確率でウミガメに会うことができるそう。

透明度が高いので遠くからでもしっかりと観察することができます。

また、水上コテージの周りにはジュゴンもよく現れるようなので、運が良ければ見れるかもしれません!!

4一度は泊まりたい!メトル島の水上コテージ「エスカペード・アイランド・リゾート」!

ニューカレドニア 水上コテージ 

出典:https://www.ab-road.net/beach/south_pacific/new_caledonia/tour/search/AD04O942/

メトル島といえば、やはりニューカレドニアで唯一の水上コテージ!!

やはり憧れの水上コテージには、一度は宿泊してみたいものです。

メトル島唯一のリゾートであり、水上コテージのある「エスカペード・アイランド・リゾート」は、大きなテラスから直接エメラルドグリーンの海に下りて行くことができます。

また、大人のための部屋として12歳以下のお子様は滞在不可になっており、1つの水上コテージに宿泊できる人数も限られています。

そのため、グループで宿泊している方や、ファミリーでの旅行の方がいないので、2人だけのプライベートな時間を過ごすことができます。

以下では、そんな「エスカペード・アイランド・リゾート」について詳しく紹介していきます!

4-1 「エスカペード・アイランド・リゾート」の魅力

ニューカレドニア 水上コテージ 魅力

出典:https://stworld.jp/feature/NC/1MT/hotel/18400/#ad-image-7

「エスカペード・アイランド・リゾート」は、サンゴ礁に囲まれた小さな島がまるごとリゾート施設になっており、一つ一つの部屋が大きく、隣の部屋も気にならないのでプライベート感満載でゆったりとした休日を過ごすことができます!

また、ホテルのサービスが非常に行き届いており、安心してメトル島での時間を過ごすことができるでしょう。

コテージからは、コバルトブルーに輝く美しい海を眺めることができ、直接海におりられるオープンテラスはとても贅沢!

部屋からは、まるで大自然の水族館のような景色を一日中眺めることができ、島の周りには約70種類の魚が生息しているそうです。

4-2 基本情報・施設内容

ニューカレドニア 水上コテージ 施設情報

出典:https://stworld.jp/feature/NC/1MT/hotel/18400/#ad-image-7

ここでは、「エスカペード・アイランド・リゾート」の基本情報と施設情報について紹介していきます。

<基本情報>

  • 住所:Ilot Maitre – BP 4918 – 98847 Noumea Cedex
  • 電話:687-28-53-20
  • FAX:687-24-06-77
  • アクセス:ヌーメアにあるモーゼル湾からボートで約20分
  • チェックイン/アウト:チェックイン14:00 チェックアウト11:00
  • クレジットカード:VISA, MASTER, AMEX, JCB
  • URL:http://www.glphotels.nc/escapade-ilot-maitre-en.html

<施設情報>

ニューカレドニア 水上コテージ 施設情報

出典:https://stworld.jp/feature/NC/1MT/hotel/18400/#ad-image-7

水上バンガローは25室のみとなっており、客室は開放感ある高い天井が特徴的で、部屋はベッドルームとリビングルームに分かれており、とても広々としています。

食事は、全食事付きのプランと、朝食のみのコースがあり、リゾートの敷地内にもレストランやバーが併設されているので、不自由なく過ごすことができるでしょう。

また、プール、チャペル等の施設も充実しています。

 

客室数(69室)

  • 水上バンガロー:25室
  • ビーチバンガロー:14室
  • ガーデンバンガロー:30室
客室内設備及び備品エアコン、TV、IDD電話、無料インターネット接続、冷蔵庫、コーヒー&紅茶メーカー、アイロン&アイロン台、セーフティーボックス、シャワー、シャンプー、コンディショナー、石鹸、ヘアードライヤー、バスローブ、スリッパ
ホテル内施設及びサービス レセプション(24時間)、ルームサービス(24時間)、ビジネスセンター、ランドリーサービス、プール、ビーチバレーコート、ブティック、ウエディングチャペル、ヘリポート、ウォータースポーツセンター
レストラン&バー
  • レストラン ウェントロ
  • サロンバー
  • プールバー
※上記内容はホテルの都合により予告無く変更となる場合がございますことをご了承ください。

* 水上バンガローのみ=シャワーブースとは別のバスタブ、海へ直接降りられる階段付プライベートテラス

まとめ

今回は、素晴らしい魅力溢れるニューカレドニアならではの宿泊施設「水上コテージ」について紹介しました!

旅行費用や休みの関係もあり、なかなか気軽に行くことができない海外のリゾート地。

美しい街並みが魅力のヨーロッパや、ボリューミーな食事とフレンドリーな人々が魅力のアメリカ、のんびりとした空気感や常夏の気温が魅力のハワイやグアムなど、世界には魅力溢れるユニークな国が数多く存在します。

人生のほとんどの時間を日本で過ごすのももちろん素晴らしいですが、やはり広い世界を覗いてみたいというのが本音ですよね!

ですが、実際には学校があったり、会社の休みが取れなかったり、なかなかお金が貯まらなかったりと、海外旅行へ行きたいという気持ちはあってもなかなか足を運べない・・・なんてことも多いと思います。

しかし、今回紹介したニューカレドニアは、南国のリゾート地の中でも、治安が良く直行便も出ていることから、比較的アクセスしやすい観光地なので、海が綺麗なリゾート地に行ってみたいという方は、是非行ってみてください。

きっと素敵な思い出になりますよ!

FOLLOW ME

この記事が気に入ったらいいね!をしよう

この記事が気に入ったらいいね!しよう