ニキビに悩む人必見!ニキビ の種類と治し方

ニキビが一つできただけですごくテンションが下がるし、自分の顔に自信が持てなっくなったりしますよね。

コロナの影響で口周りが蒸れてニキビができてしまって悩んでるかたも少なくありません。

今回はそんな女性にとって大きな悩みであるニキビについて少し掘り下げてみようと思います。

1 ニキビの原因

ニキビは思春期にできるものと大人になってからできるものでは原因が違うことが多いです。

思春期のニキビは、主に成長過程でホルモンバランス不安定になることで、皮脂が過剰分泌されてしまうことが原因であることが大半です。これは大人になるにつれ自然と消えていきます。

一方で大人になってからできるニキビは少し厄介です。社会人として生きていく中でそうしても生活リズムが保てなくなったり、過度のストレスを抱えてしまったりします。

本来皮膚細胞は、古くなると垢や角質となって自然と剥がれ落ちていき、新しい皮膚が表面に出てきます。

皮膚細胞はこのようにターンオーバー繰り返し一定の周期(4〜6週間程度)で入れ替わっているのです。

しかしこのターンオーバーが様々な要因によって乱れ、古くなり死んだ細胞が毛穴に詰まりそこでニキビの原因菌を繁殖させてしまうのです。

 

2 ニキビの種類

ニキビは色で大きく4種類に分けることができます。

「白」、「黒」、「赤」、「黄」の4つです。これらはだいたい、段階、重症度に比例しています。

自分のニキビが今どのフェーズなのかを知り適切な対処をしていくことが必要になります。

 

2-1 白ニキビ

白ニキビは初期段階のニキビで、菌が繁殖して炎症を起こす前の状態です。この状態で悪化させずに治し切ることが大切です。

白ニキビの白い部分の正体は皮脂と角質の混ざったものです。

本来毛穴から自然に排出される皮脂ですが、角質が毛穴を塞いでしまうことによって中に溜まってしまいます.

炎症を起こし始めてしまうと、治療に少し時間がかかってしまうので注意しましょう。

 

2-1-1 コメドとは

コメドとは、日本語では「面ぽう」と言われるニキビの元で、毛穴が詰まり中に皮脂や角質が溜まっている状態のことをいいます。

 

2-1-2 対処法

患部にはなるべく触れずに洗顔と保湿で肌を清潔な状態に保ち、乾燥状態を避ける必要があります。

またノンコメドジェニックと呼ばれる、ニキビ発生を抑える化粧品を使うのが良いでしょう。

 

2-2 黒ニキビ

黒ニキビは白ニキビの次の段階です。白ニキビでは毛穴が閉じていて中に皮脂や角質などが詰まり白いぷくっとしたものができていましたね。

このコメドが大きくなり押し上げて毛穴を開かせます。黒ニキビは毛穴が開き、中に溜まっていた皮脂や汚れが空気に触れて酸化している状態です。

とはいえまだ炎症が起こる前段階ですので基本的には白ニキビと同様の対応をしていきます。

 

2-3 赤ニキビ

赤ニキビはついに炎症を起こしてしまっている段階です。

毛穴に溜まったニキビの原因菌(アクネ菌など)が皮脂や汚れを餌に大量に増殖し赤みを帯びてきます。

赤くなっているのは、血管を開き炎症によって壊された皮膚組織を修復しようとしているからです。

炎症が治っても、組織を修復するのに時間がかかるためしばらく赤みは残ってしまいますが、自然と消えてなくなります。

 

赤くなるまで炎症が起こってくると細胞からヒスタミンが出やすくなり、かゆみや痛みを伴うことがあります。

肌が乾燥していると、さらに痒くなり無意識に掻いてしまいます。

これによって炎症を悪化させてしまったり、周囲に菌を広げてしまったりすることがあります。

しっかり保湿することを心がけましょう。

 

2-3-1 赤ニキビに効くスキンケア商品

リプロスキン ローション

リプロスキン ローション

出典https://www.amazon.co.jp/

素早く肌の角質層まで浸透しニキビの原因菌に作用します。肌の修復を助け、デコボコ肌や色素沈着の改善を促進してくれる人気酢用品です。

商品詳細はこちら

 

【第2類医薬品】メンソレータムアクネスニキビ治療薬 18g

【第2類医薬品】メンソレータムアクネスニキビ治療薬 18g

出典https://www.amazon.co.jp/

悪化してしまった赤ニキビ、痛みを伴うニキビに効きます。

詰まった汚れを吸収し、原因菌を殺菌します。細菌の化膿を抑えて赤みを消してくれます。

商品詳細はこちら

 

2-4 黄ニキビ

黄ニキビは赤ニキビがさらに重症化してしまったニキビです。

毛穴の膿によって化膿してしまっています。

周辺の皮膚組織を壊してしまうため、目立つニキビ跡(クレーターや色素沈着)の原因にもなります。

 

2-4-1 潰してはいけない?

誰もは経験があると思いますが、このニキビ潰したくなりますよね。

私も膿が出るのが気持ち良くて何度も潰していました。けどこれはやめたほうがいいです。

潰して綺麗に取り除くという治療法もありますが、自分の判断でやってしまうと皮膚組織を壊してしまったり、周りに菌を広げてしまう可能性が高いです。

潰すなら皮膚科の先生と相談してやってもらうのがいいでしょう。

 

3 ニキビケアの基本

一番大事なのはやはり予防をすることです。悪化してしまうにつれて治るまで時間がかかってしまいます。

洗顔、とこまめな保湿で肌を清潔に保ちましょう。乾燥肌の方は、刺激の弱いノンアルコールの商品を使うようにしましょう。

ニキビが悪化してしまったら、市販のニキビに効果のある化粧品や、治療薬を使用したり、余裕のある方は早めに皮膚科で診てもらいましょう。

 

まとめ

今回はニキビの段階を色で分けて解説していきました。

なるべく悪化させずに、早い段階で対処していきましょう!

美しい肌は女性の大きな自信になります!