感謝

いまさらなんだけど…フラれた彼氏に本当に伝えたかった事5選

どんな時だって彼氏にフラれたらパニックになりますよね?

特に突然の別れ話をされたら平常心ではいられなくなるはず!

彼氏の前で取り乱し、酷い態度をとったり、自分でも信じられないような言葉で罵ることだってないとは言えません。

そこで今回は、フラれた彼氏に伝えればよかったと後悔していることをご紹介!

今彼氏とラブラブな人は、別れなんて想像もできないでしょうが、いざという時に後悔しない為にもご覧ください!

1 フラれた彼氏に伝えればよかったと後悔している事5選

1-1 本当に幸せだったという事

ハッピー

フラれた時はパニックでひどい言葉を彼に浴びせることだってあるかもしれません。

でも冷静になったら、本当に幸せな日々を過ごさせてもらったことに気が付くはず。

「別れるのは悲しいけど幸せでした」と伝えたかったと答える女子はかなり多いみたいです。

 

1-2 ありがとう

最後にお礼を言えなくて後悔している人もかなり多いみたいです。

フラれた状態でありがとうとはなかなか言えませんが、LINEや連絡先を消す前には伝えた方がいいかもしれませんね!

 

1-3 幸せになって

ラブ

「私とじゃ無理だったけど、本当に貴方にとって必要な人と幸せになってね」とどうして言えなかったのか、何年経っても後悔しているとの声も。

キライになって別れたワケではないなら、やっぱり幸せになって欲しいですよね?

フラれた直前では難しいですが、少し時間を置き、連絡する機会があったら伝えてみてはいかがでしょうか?

 

1-4 幸せになるから!

「幸せになるから!大丈夫だから!」と伝えたかったと後悔している人もかなりいます。

泣き崩れる前に「幸せになるから大丈夫!」と言って店を出たかったとの答えも。

別れを告げられて直ぐには難しいですが、後からLINEで伝えてもいいかもしれませんね!

 

1-5 またどこかで

花

フラれた勢いで連絡先をすべて削除したことに後悔している人はかなりいるみたいです。

フラれて直ぐは、彼氏の事を考えるだけで辛くなりますが、冷静になったら絶対に連絡先を削除する必要はないはず。

「またどこかで会えたらいいね」のLINEを彼との最後のやり取りにすればよかったと感じる人も多いみたいです。

 

まとめ

今回はフラれた彼氏に伝えればよかったと後悔している事をご紹介させていただきました。

彼氏とラブラブな人は、フラれた時の事なんて考えたくはないとは思いますが、読んでおいて損はないはずです。

後悔してからでは遅いので、是非ともご覧ください!