report-weather-000
ハワイ AREA

ハワイの天気を把握!特徴やおすすめ天気予報サイトを紹介!

目次

ハワイ旅行が近づいてきて、さあハワイの天気予報を確認!と天気予報サイトを見る方も多いはず。

 

天気予報を見ると晴れになっていたのでウキウキだったり、雨になっていたとので落ち込んだりと一喜一憂すると思いますが、実はハワイやホノルルなどの天気は天気予報の通りには行かないことも多いのです。

 

なので今回はハワイの天気や気温・降水量を含めた特徴からおすすめの天気予報サイトをご説明・ご紹介したいと思います。

 

1ハワイ(ホノルル)の天気予報が当たりづらい理由

1-1 ハワイの天気は一日で変わりやすいから

実はハワイの天気は1日の間で変わることが多くあまり当たらないといわれています。

もともと太平洋の中心に位置するハワイは、偏西風など気候・地理的な理由によって天気に影響があり、予報が難しい場所なんです。

 

なので、その日は曇りと予報がされていたのに1日中ずっと晴れて雨が一滴も降らないこともあったり、その逆で晴れと出ていたのに、突如激しい雨が降り続けるということもあります。

 

よくお聞きすると思いますが、シトシトという雨ではなく、

ざーっというゲリラ豪雨(スコール)が突然降って止んでを繰り返し

それでいて温暖な気候がハワイなんですね。

 

1-2 雨予報の基準が厳しい

 

ハワイの天気予報を確認される方は、下のようなサイトで調べていらっしゃると思います。

日本気象協会:tenki.jp

 

そして降水確率などで雨マークが出ていると一喜一憂してしまうのですが、実はそうでなかったりするのです、

 

降水確率というのは、1日のうちに1mm以上の雨が降る確率のことを指します。

 

つまり、1日の中で「30分ザーッと雨が降った後は1日中晴れ」という日でも雨が降ったことになり、雨マークがつくのです。

 

前述した通り、1日どんよりした天気で雨が降るという事ではほとんどないので、実は天気予報の通りではないんですね。

 

なので雨マークが出ていたとしてもほぼ晴れの可能性があるので、リアルタイムで天候を確認することが大事なんですね。

 

 

 

2 ハワイ(ホノルル)の天気を知ろう!

ハワイには、乾季と雨季と呼ばれる時期があるのをご存じですか??

 

ハワイの天気はこの乾季と雨季の影響も大きく受けます。

なので、ハワイの天候や時期についても知りましょう。

 

2-1 雨季と乾季について

2-1-1 ハワイの雨季(10月・11月・12月・1月・2月・3月)の特徴

雨季といっても一日中、雨が降ることはあまりなく、日中はビーチで泳ぐことも可能です。

朝夕などに「にわか雨」が降る程度で、平均気温は25℃程度。

雨上がりには虹が見られることもあります。

 

2-1-2 ハワイの乾季(4月・5月・6月・7月・8月・9月)の特徴

乾季はビーチで過ごすには最も適しています。

最高気温は30℃を超える程度。

暑いといっても湿度が低く、風もあり、爽やかな過ごしやすい気候です。

日本のような猛暑とは違い、汗だくになるようなことはありません。

 

2-2 雨季と乾季の服装

2-2-1 雨季の月別で見る理想の服装

 

<秋のような気候になる10月>

 

ハワイ 天気 10月服装

出典:http://picbear.online/media/1711976532242528193_6428580

 

平均気温が25℃前後と涼しくなり、陽射しが出ている昼間のビーチやプールは快適に過ごすことが出来ます!

しかし朝晩や、曇り・雨の日は冷え込むので、薄手の羽織れるものやパーカーがあると活躍します。

 

ハワイ 天気 10月服装2

出典:http://picbear.online/media/1425665496795115257_6428580

 

  • 朝晩、雨の日などはアウターがあると便利(Tシャツなどの上に着るよう)
  • ビーチサンダル・スニーカーの両方が必要になる
  • 海やビーチなどのアクティビティ後は、体が冷えるのでパーカーなどがあると便利

 

<雨季真っ只中の11月・12月>

 

ハワイ 天気 雨季の服装

出典:http://picbear.online/media/1723518521874206423_6428580

 

11月・12月のハワイは平均気温27度前後と、日本では想像もつかないほど暖かいです!

水温もそれほど低くないので海にも入れますが、朝晩や雨の日は肌寒いので上着が必須になってきます。

 

ハワイ 天気 11月・12月の服装

出典:http://www.hawai-ryokouki.com/cat1/101112.html

 

  • 日中出かけるときは、すぐに羽織れるアイテムを一枚常備
  • 雨の日はスニーカーで!
  • ビーチでは、ビキニの上にワンピース一枚のスタイルでもOK
  • 肌寒さをより感じる夜などは、昼間との服装を変えるのもあり

 

ハワイ 天気 11月の服装

出典:http://picbear.online/media/1612704960902754880_6428580

 

※11月末頃までは、台風やハリケーンの影響で天候が悪いだけではなく、肌寒さも一番感じやすいので体調管理にも気をつけましょう!

 

<ハワイで一番寒いのが1月・2月>

 

ハワイ 天気 1月2月の服装

出典:http://picbear.online/bikinibird

 

一年中海に入れるハワイでも、1月・2月は最高平均気温が26℃前後、最低平均気温が18℃前後と寒さを一番に感じる時期なります。

日中の海でも寒さを感じる時があるので、お子様などがいる際は、遊ぶ時間なども考えたいところです。

また、雨季はまだまだ続くので、雨もよく降ります!

 

ハワイ 天気 3月の服装2

出典:http://picbear.online/vspink

 

 

ハワイ 天気 1月2月服装3

出典:http://picbear.online/bikinibird

 

  • トップスは薄手の長袖もオススメ
  • Tシャツなどを着る際は、上から羽織れるアウターを常備
  • ナイロン素材のアウターがあると雨の日でも便利
  • ロングスカートなどは雨の日は濡れるので、パンツスタイルがおすすめ

 

<まだ雨季が続く3月>

 

ハワイ 天気 1月2月服装2 

出典:http://picbear.online/bikinibird

 

10月から長く続く雨季は、3月も一日中雨の日が続いてることもあります。

しかし、晴れの日は暑さがあったりと天気が分かりにくいこともあり、服装に一番困るかもしれません。

 

ハワイ 天気 3月の服装

出典:http://picbear.online/bikinibird

 

ハワイ 天気 3月の服装3

 

  • 暑くなっても涼しい服装にすぐになれるような服装が理想
  • ジャケットやパーカーなど、すぐに上から着れるもので防寒
  • 羽織物の下は、暑さ対策ができるよう、Tシャツやタンクトップを着る
  • 重ね着が苦手な方は、ワンピースなどのサラット一枚で着れるアイテムをも持ってくる

 

2-2-2 乾季の月別でみる理想の服装

 

<乾季に入る4月>

 

ハワイ 天気 服装サングラス

出典:http://picbear.online/media/1830979675986070414_4163308

 

4月からハワイは乾季に入り、雨季と比較すると天候も安定してきます!

日中は28℃前後まで気温があがり暑いですが、夜は少し冷えるので、昼と夜の服装が変わってきます。

 

ハワイ 天気 4月服装

出典:http://picbear.online/media/1475775401858745317_2151738764

 

  • 昼間は日差しも強く、サングラスが必須
  • 日中は寒さ対策より、暑さ対策
  • 乾季が始まったばかりなので、夜は肌寒く感じるため、羽織れる物一枚は必要
  • 海にももちろん入れるので、水着も必須!

 

<本格的な夏は5月!>

 

ハワイ 天気 5月服装

出典:http://picbear.online/media/1834007177477241038_12554847

 

日本でいう7・8月の暑さになるのが、5月です!

最高気温も29℃前後と、ハワイの夏を大満喫できる時期とあって、旅行客にも人気のシーズンとなります。

 

ハワイ 天気 5月服装2

出典:http://picbear.online/media/1807644983877870468_12554847

 

  • 日本の夏ファッションで過ごせる
  • ビーチやショッピングでも露出の高い服装でOK!
  • 夜はワンピーススタイルなどがおすすめ

 

ハワイ 天気 5月服装3

出典:http://picbear.online/media/1742552454971466392_12554847

 

※日中は暑いので露出のある服装で問題はないですが、夜のレストランではドレスコードもあるので、

露出の高すぎる服装には気をつけましょう。

 

ワンピースブランドはハワイブランドのワンピースを大調査!おすすめ10選!の記事でご紹介しています!

 

<降水量が一番少ない6月・7月・8月>

 

ハワイ 天気 6月の服装

出典:http://picbear.online/media/1743786518420331446_12554847

 

日本では梅雨の時期に入る6月~8月は、ハワイでは1年中でも一番降水量が少ない期間になります。

平均気温は31℃越えとなり、マリンスポーツなどを思う存分楽しむ事ができます!

カラットした天気は、日本のジメっとした夏よりも過ごしやすい為、日本に帰りたくなくなる程。

 

ハワイ 天気 6月服装2

出典:http://picbear.online/media/1533015346075645408_12554847

 

  • 日本の夏ファッションで過ごせる
  • スニーカーよりビーチサンダルが主流
  • 水着の上にTシャツやショートパンツ、ワンピースを着たスタイルが多い
  • ハワイではミニスカートよりショートパンツでカジュアルに過ごすのがおススメのスタイル

 

ハワイ  天気 水着スタイル

出典:http://picbear.online/media/1494626611328139241_12554847

 

※水着スタイルのみで、街中を出歩くのは控えてくださいね!

 

<9月のハワイはまだまだ暑い!>

 

ハワイ 天気 9月の服装

出典:http://picbear.online/tiare_hawaii

 

日本では涼しくなってくる季節ですが、ハワイの気候は31℃前後とまだ暑さが続きます。

雨季に入る前の時期ですが、晴天の日が多く、ベストシーズンを狙っている方はこの9月の月まで安心して訪れる事が出来ますよ!

 

ハワイ 天気 9月の服装2

出典:http://picbear.online/media/1770412464024208013_182318593

 

  • 日本の夏のファッションで過ごせる
  • Tシャツ・ショートパンツ・ワンピースなどがあれば十分
  • お店などの室内は冷房で冷えるので、羽織物があるとより良い
  • ビーチサンダルでラフに過ごせる

 

ハワイで水着を購入予定の方はこちらの記事【最新2018年】最愛の水着はハワイで見つける!厳選20店!でチェック!

 

2-3 知っておこう!ハワイの平均降水量

天気予報に関連して知っておきたいのがハワイの平均降水量です。

それでは見ていきましょう。

 

日本との降水量との比較は下記のグラフの通りです。

 

 

雨季と乾季で降水量は大きく変わります。

確かに雨季と呼ばれる時期は降水量が増えます。でもそれが1日中の雨を呼ぶかと言いますとそうではありません。

 

感覚的には、ザーッと降る雨の量と回数が増える

このように考えて頂けると良いかと思います。

 

特に乾季の時には、傘もいらないぐらい雨はほとんど降りません。降ってもすぐ止む雨なので心配は要りません。

 

ハワイの天気の詳細が知りたい方は、以下をご参照下さい。

【意外と知らない!?】ハワイと日本の気温・気候の違いについて

 

2-4 ハワイの平均気温は?日本との違いも合わせてチェック!

ハワイの平均気温を乾季・雨季と踏まえ日本との違いも合わせて把握していきましょう。

 

 

雨季・乾季にかかわらず、年間を通して暖かいです。

 

大体平均気温は25.5度くらいなので、日本の湿気ムンムンというような暑さではないので、感じ方が異なりハワイはカラッと乾燥した気持ちのいい暑さです。

半袖で過ごせる気温なので、着こなしはそこまで日本の夏と変わらず普段の服装は問題なさそうです。

 

とはいえ注目すべき点は、ハワイの1,2,3,12月です。

この時期は一年間の中でも、ハワイの雨季ということもあり気温が低めで朝晩が冷え込む季節になるので注意してください。

日本と比べると比較できないほど暑いですが、羽織れるものを準備した方が賢明です。

 

尚、ハワイの室内の設定温度はどこも低く設定されていることが多いです!

暑い時期でも風邪を引かないように、体調管理と空調に注意しましょう。

 

3 天気から考える、ハワイのベストシーズンはいつ?

3-1 ベストシーズンは乾季

雨季と乾季の特徴、そして天気についてご紹介してきましたが、結局いつごろハワイに行けばベストシーズンなのか?

スコールなどを考えると、やはりハワイに旅行にいくならば雨季ではなく、乾季(4月・5月・6月・7月・8月・9月)に行くのがおすすめです。

 

3-2 一番のおすすめは5月中旬~7月上旬

乾季の中でも、「旅行代金」や「比較的空いている時期」、「気候」を考えると特におすすめのベストシーズンと言えるのが5月中旬ごろから7月上旬にかけてです。

 

5月中旬ごろは、ゴールデンウィークも落ち着き、長期休みを取る人が少なくなり旅行者もへるため、比較喧噪を避けて旅行を楽しめる時期になります。また、降水量や湿気も少なくなり、最高のハワイシーズンが始まる時期でもあります。

6月もハネムーン・ハワイウェディングが多い時期であり、ジューンブライドのハネムーンが増えるが旅行代金は比較的に安い時期といえます。

そして7月上旬までは学生の夏休み前なので、ギリギリ混んでもおらず、旅行代金も安く設定されている場合が多いです。ただ、日程によっては高くなる可能性もあるので日程はチェックしましょう。

 

4 ハワイ旅行で雨がふってしまった場合の過ごし方

天気がいいシーズンを狙っていったとしても、旅行が近くなってきて天候が悪くなってしまったり、旅行中に雨が降ってしまう場合もあります。

そこで、もし雨が降ってしまった場合のポイントとハワイでの過ごし方も紹介していきましょう。

 

4-1 雨がやむのを待ってからビーチでは泳ごう

ハワイの雨は一時的なものなので、基本は待てば大丈夫です。

ハワイ(ホノルル)での雨は日本の雨とは違い、短時間でシャワーのような雨が降るので一日中降るわけではありません。

なので、雨が降っている間は水温が下がってしまうのでビーチでは泳がず、雨がやむのを待って晴れてから再度ビーチに泳ぎに行くのがベターです。

雨が降ったことで少し肌寒くなる可能性もあるので、パーカーなどの羽織ものを常備しておくとよいでしょう。

 

4-2 ハワイに傘は持っていかなくても問題なし

ハワイの雨は短時間の間にシャワーのように降るので、基本的にハワイでは傘をさす人は見かけません。

一日中ふることは稀なので、雨が強かったとしてもどこかの建物に入ってやり過ごす場合が多いのです。

なので、わざわざ傘を日本から持っていく人はあまりいません。

 

ただ、旅行の日程がすべて雨で濡れるのが不安な方は、軽量の折り畳み傘などを持って行ってもいいでしょう。

 

4-3 旅行日程が雨の日の場合のオススメプラン

もし雨の予報が出てしまっていて、いくら一日雨がふらない場合が多いとはいえ、絶景の景色やビーチなどを行くときにスコールをいちいち考えながらスケジュールを立てるのはせっかくの旅行もあまり楽しめないですよね。

そこで、いっそのこと雨が降っても問題ないプランを盛りこんでみるのはいかがでしょうか。

おすすめのプランをご紹介していきます。

 

4-3-1.地元のショッピングモールで買い物を楽しむ

ハワイ旅行の醍醐味の一つとして上がるのが、ハワイでの買い物!

ハワイ・ホノルルにはぜひ訪れてほしいショッピングモールが多数あります。そこではハワイならではのローカルアイテムやハワイ限定のブランド商品等、価格が安く手に入るものもあります。

基本的に移動はバスやレンタカーなどでまわれば、雨が降ったとしてもそこまでスケジュールに影響はでません。またショッピングセンターも室内が多いので問題なくプランを楽しめるでしょう。

 

 

4-3-2.ハワイの食事スポットを堪能しよう

スコールが降る可能性があると、せっかくの絶景の観光スポットやアクティビティなどが楽しめなくなってしまう場合も、そこでハワイの食事を堪能するプランなどはいかがでしょうか。

ハワイならではの食事や話題のフードを食べるだけでもわくわくしちゃいますよ♪

 

 

 

5 ハワイ(ホノルル)の天気がわかるおすすめサイト5選

 

さて、実際にハワイ旅行にいこう!という時や旅行時にその日の前日に天気予報を確認するにはどれをみればいいのでしょうか?

 

ここからは、ハワイ(ホノルル)の今日の天気予報を知れるおすすめのサイトをご紹介いたします。

ハワイでのお出かけ前にぜひチェックしてみてくださいね。

 

5-1 Weather Underground

hawai-tenki2

出典:https://www.wunderground.com/weather/us/hi/honolulu

 

まず押さえておいてほしい天気予報サイトがこちらです!

独自のパーソナル観測所のデータを元に出しているので、各地区細かな予報が見れます!

また、雨雲が可視化できるレーダーがページ内にあるのもこの「Weather Underground」の特徴で、簡単にどこの部分が雨が降りそうか局地的にわかるのがありがたいですね♪

 

なのでこれからちょっとお出かけ!というときなど、ホテルで事前にチェックしてから確認して出かけることができるのでぜひ活用してくださいね!

調べたい日を検索も出来るので利便性も高いですよ♪

 

サイトはこちら

 

5-2 AccuWeather

hawai-tenki3

出典:https://www.accuweather.com/ja/us/honolulu-hi/96817/weather-forecast/348211

お次に確認してほしいサイトが「AccuWeather」という天気予報サイトです。

 

見やすいレイアウトや画像など、ハワイやホノルルの天気がわかりやすくサクッと把握できるので、おすすめです。

しかもこちらのサイトは90日間分の天気が表示されるので、旅行前におおよそのハワイの天気の確認ができるのが嬉しいポイントです。

 

また、「晴れたり降ったり」や「6時間に2回程度のにわか雨」、「にわか雨または雷雨などその日の天気の特徴を記載してくれているので予報を参考にしやすいです。

 

サイトはこちら

 

5-3 Find Local Weather

出典:http://www.findlocalweather.com/forecast/hi/honolulu.html

 

こちらのサイトは天気の予報だけでなく雨の日でも補足として雨の様子を伝えてくれるんです。

このサイトで出る雨の日には、「Scattered Showers」「isolated showers」のような文字が並びます。

 

これは、ところにより”にわか雨”を指します。

 

予報が”rain”じゃなくて”shower”であっても同じ意味です

という軽い意味で理解して頂いて大丈夫です。

 

降水確率が高くても出かけられる可能性は高いので、天気予報はあくまで参考にしておきましょう。

 

サイトはこちら

 

 

5-4 The Weather Channel

hawai-tenki1

英語で表記されているサイトですが、時間単位でハワイの天気を予報してくれており、ハワイ旅行の際に非常に分かりやすく便利なサイトです。

しかし気温の表示が、日本の『摂氏』ではなく『華氏』となっていますので、下記参考にしてください。

大体、華氏が90度を超えている場合は30度越えの暑い日だと思ったほうがいいです。

  • 華氏70度=摂氏21.1度
  • 華氏80度=摂氏26.6度
  • 華氏90度=摂氏32.2度

 

サイトはこちら

 

 

5-5 地球の歩き方

hawaii-weather08

出典:地球の歩き方

 

ハワイ(ホノルル)の一週間の天気予報や最高気温・最低気温時に適する服装などの情報を紹介しているサイトです!

日本語のサイトなのでわかりやすく安心で、一番の特徴は「紫外線」の強さも紹介してくれているところ!

 

ハワイは日本と違い紫外線の強さも段違いです。

なので、天気だけでなく紫外線の強さもお出かけ前にぜひ確認してみましょう。

 

サイトはこちら

 

 

6 ハワイの天気で気を付けるポイント

こちらでは、ハワイの天気に関連して気を付けてほしいポイントをご紹介していきます。

 

6-1 嵐やハリケーンなどの天気予報は注意してください

基本的にハワイの天気はそこまで気にしすぎないでいいと言っていましたがハワイの「嵐」や夏場の「ハリケーン」などは注意が必要です。

なぜなら嵐は強風や大雨を伴うため、一部の道路が通行規制や封鎖される場合があるからです。

その状況で外にでるのも危険ですし、何より普段使えたルートが使えなくなり、ホテルに帰れなくなったり観光スポットにたどり着けない場合などもあるのです。

 

特に夏場は「ハリケーン」」などが発生し、高波の影響を受けて海沿いの道路などが封鎖されたりするので旅行の際にはぜひ予報サイトをチェックしてくださいね。

また、日本にいても気になる台風情報は、以下の記事でチェックしておきましょう!

 

ハワイの台風って大丈夫なの?元添乗員RIZOLA編集者がお答えします!

 

6-2 ハワイの紫外線・日焼け対策をしましょう!

ハワイでは紫外線がとても強く、およそ2~3倍も強いといわれています。

日本と同じような感覚で外に出ると、旅行中でもすぐに真っ赤に日焼けしてしまい、日焼けによって体が赤くなって火照ってしまったり皮がむけてしまうこともあったりでせっかくの旅行が台無しになってことにもなりかねません。

 

なので一日の間で小まめに日焼け止めを塗るなど、念入りに使ってください。

特に夏場である乾季のハワイに行く方が多いかと思いますが、乾季は紫外線も強いので過ごしやすい常夏でも油断してしまわないようにしっかりとUV対策グッズは持っていきましょう。

 

  • サングラス
  • UVカットの日焼け止め
  • ラッシュガードやパーカー
  • 帽子
  • 日焼け止めのクリーム

 

などは押さえておきましょう。

 

6-3 ハワイの寒暖差対策も忘れずに!

ハワイは基本気温も高く暑いですが、雨季などの時期によっては朝夜と日中の寒暖差があったり、

レストランといった室内での冷房が強いので、寒暖差対策は必須です。

 

軽く羽織れる薄手のパーカーやカーディガンなどを持っていくといいでしょう。

 

 

6-4 ハワイでも一部の地域では天候は要確認の場所も!

これまで散々『仮にハワイの天気予報が雨でも一日中降りません!降ってもゲリラ豪雨です!だからそこまで気にしないでね!』と説明してきました。

 

でも実はハワイの中でも一部だけ、この話に該当しない場所があります。それは、

  • ハワイ島のヒロ
  • カウアイ島

ハワイ島のヒロは、『ハワイで最も雨が降る場所』として有名です。「レイニー・ヒロ」として知られ、

年間降水量は3,276mm。東京の年間降水量は約1500mmなのでその2倍以上あります。

 

ここと、第二位の『カウアイ島』だけは若干気候が異なりますので注意してください。

 

 

まとめ

ハワイの天気予報について今回は解説いたしました。

いかがでしたでしょうか??

 

確かに降水確率は気になりますが、その情報に一喜一憂されないようポジティブに考えていきましょう!

もし雨が降っても、『虹』という最高の景色を提供してくれますよ。

ハワイと日本の根本的な気候の違いを理解して、旅行前からテンション上げていきましょう!

FOLLOW ME

この記事が気に入ったらいいね!をしよう

この記事が気に入ったらいいね!しよう