タヒチ 言語 英語
AREA タヒチ

タヒチで英語は使える?旅行で知っておくといい言葉20例!

 

美しいブルーラグーンや真っ白なホワイトサンドビーチが、ハネムーナーやトラベラーの心を掴んで離さないタヒチ島。

そんなタヒチ島に観光に行く際、どうしても不安になってしまうのが、言葉の問題ではないでしょうか?

そこで今回はタヒチの公用語や、気をつけておきたいポイントなどをご紹介します。

 

 

1.公用語はフランス語とタヒチ語

 

フランス領ということで、公用語はフランス語とタヒチ語です。

 

2.知っておきたい3つのポイント

タヒチ 言語 ホテル

「フランス語とタヒチ語なんて話せない・・」と不安が大きくなってしまった方もいるかもしれません。

しかし、実際にはそんなに心配する必要はないです。

 

タヒチで英語はある程度通じる

フランス語とタヒチ語を話すということは、地元の方達からすれば英語は外国語です。

そのため「英語も通じないの?」と心配される方もいるかもしれませんがそんなことはありません。

世界からハネムーナーやトラベラーが来る観光地ですので、首都パペーテ周辺の観光地は英語を使用する人も増えています。

また、タヒチアンはホスピタリティ精神が溢れているので、笑顔やジェスチャーなどで必死に理解しようとしてくれるはずです。

恥ずかしがって伝えようとすることを忘れないようにしましょう。

 

 空港やホテルなどの公共の場ではだいたい英語が通じる

基本的に英語は国際共通語です。

空港やホテルなどの公の場ではフランス語なまりの英語でしっかりと受け答えしてくれます。

たまになまりが強すぎるせいか、英語かフランス語かわからない時もあるので、その時はわかったふりで受け流すのではなく、しっかりと聞き返しましょう。

また、タヒチは日本人観光客も多く訪れるので、英語の他に日本語対応可能なスタッフが駐在していることも珍しくありません。

少々複雑な問題が生じてしまったときは、日本語対応スタッフへの相談がおすすめです。

空港では英語が伝わると言いましたが、空港内のカフェやレストランなどの直接的に言語が必要ない場所では英語でのコミュニケーションが取れないと思っておくといいでしょう。

 

 道の標識やレストランのメニュー

あまりタヒチの道を運転する人はいないとは思いますが、道の標識は全てフランス語かタヒチ語で統一されています。

しかし、地名に関してはアルファベット表記がされているので分かるかもしれません。

また、レストランのメニューは基本的にフランス語です。

しかし、少し高めのレストランやホテル内のレストランは英語メニューもあり、たまに日本語メニューもありますのでスタッフに尋ねてみてください。

 

3.知っておくといいフランス語

タヒチ 言語 ホテル

  • Oui(ウイ):はい
  • Non(ノン):いいえ
  • Merci(メルシー):ありがとう
  • Bonjour(ボンジュール):おはよう/こんにちは
  • Au revoir(オ ルヴォアール);さようなら
  • Je ne comprends pas.(ジュ ヌ コンプラン パ):よくわかりません
  • Parlez plus lentement, sil vous plait.(パルレ プリュ ラントウマン スィル ヴ プレ):ゆっくり話してください
  • Pardon?(パルドン):もう一度言ってください
  • C’est Combien?(セ コンビアン):これはいくらですか?
  • Quel est le prix de la chambre?(ケ レ ル プリ ドウ ラ シャンプル):その部屋の料金はいくらですか?

 

4.知っておくといいタヒチ語

タヒチ 言語 ホテル

  • E(エー):はい
  • Eita(エイタ):いいえ
  • Mauruuru(マウルール):ありがとう
  • Iaorana(イアオラナ):おはよう/こんにちは
  • Haere(ハエレ);さようなら
  • Aita i papu ia’u(アイタ イ パプー イアウ):よくわかりません
  • A parau fa ‘ataera(ア パラウ ファッアタエレ):ゆっくり話してください
  • A parau tapiti.(ア バラウ タピティ):もう一度言ってください
  • E hia moni teie?(エ ヒア モニ ティエ):これはいくらですか?
  • E hia monitena piha?(エ ヒア モニ テナー ピハ):その部屋の料金はいくらですか?

 

これらの言葉はなるべく覚えておいてサッと言えるといいかもしれません。

 

5.日本人・日本語対応スタッフがいるおすすめホテル

タヒチ 言語 ホテル

日本人・日本語対応スタッフがいるおすすめのホテルをご紹介します。

 

インターコンチネンタル リゾート タヒチ

最初にご紹介するのが、CNNが選ぶ「世界のベストビーチ50」で1位に輝いたことのある、マティラビーチに建つ高級リゾートです。

空港から車で約5分観光地へも近くアクセス抜群。

客室は決して大きくはありませんがコンパクトにまとめられていて、遠浅のラグーンの上に建てられているため、客室からすぐにシュノーケリングなどを楽しむことができます。

さらに、広大な敷地にはゴルフ場、テニスコート、プールなどのアクティビティも備わっているのも人気の理由の1つです。

敷地内にはレストランもあり美味しい食事も楽しめます。

 

マナバ スイート リゾート タヒチ

タヒチ島の西岸に位置しラグーンの先端に建っています。

空港から車で約5分、首都のパペーテの中心地からは約10分と、とても便利な立地です。

このホテルのおすすめといえばなんと言っても大きなプール。

タヒチ島で一番の大きさを誇るプールはラグーンに面しており開放感があふれています。

客室は洗礼されたシンプルなデザインで、簡易キッチンも備わっているので長期滞在におすすめです

 

ボラボラ・パールビーチ・リゾート&スパ

ボラボラ島の北西部のモツ・テヴァイロアに位置するこのホテルは、名峰オテアヌ山とパヒア山を眺めることのできるゆったりと静かなリゾートです。

41棟の水上コテージの他に、水上バンガローエンドオブポンツーン9棟、ガーデンプールスィート20棟の客室が用意されています。

どれもタパの木を使用した南国テイスト溢れる客室です。

水上コテージのデッキからはラグーンに直結しており、さらに客室にはガラスパネルも用意されているので、天板を外すと魚たちに餌付けをすることができます。

 

インターコンチネンタル タラソ スパ ボラボラ

ボラボラ島でまずおすすめするのが、ボラボラ島本島から東側にあるモツに位置する5つ星のラグーンリゾートです。

83室の客室は水上コテージのみで、その広さは100㎡もあります。

ボラボラ島のシンボルであるオテマヌ山や青々としたラグーンをベッドから見渡すことができる設計で、なんともロマンチックな雰囲気を味わうことができます。

 

ソフィテル ボラボラ プライベートアイランド

ボラボラ本島の南東に位置し、島を周回できる道路に面しているので利便性が抜群なリゾートです。

ボラボラ島でとても人気が高いマティラ岬の近くにあり、本島側とモツ側が用意されている94室の客室は全てバンガロータイプで統一されています。

館内全域で無料Wi-Fiが利用でき、さらに空港トランスファー、ミニバー、シュノーケリングやカヤックのレンタルも無料で利用可能です。

美しいコーラルラグーンでシュノーケルをしてみてはいかがですか。

 

 ヒルトン モーレア ラグーン リゾート & スパ

モーレア島で唯一の5つ星ホテルのホテルです。

浅めのラグーンは透明度がとても高く、珊瑚礁もたくさんあるため魚がたくさん生息しているのでシュノーケリングにぴったり。

そんなラグーンを開放感溢れる水上コテージから見渡すことができるなんてなんとも贅沢です。

ファミリーでの宿泊も多いので、お子さんがいても安心して宿泊できます。

 

まとめ

タヒチ 言語 ホテル

 

いかがでしたか?タヒチでは英語がある程度通じ、さらに日本人スタッフのいるホテルもあると知って安心したのではないでしょうか?

必要最低限のコミュニケーションはできるようにして、あとはリラックスして楽しみましょう。

 

 

 

FOLLOW ME

この記事が気に入ったらいいね!をしよう

この記事が気に入ったらいいね!しよう