自分のやりたいことがわからないアナタへ

3534516458_48e4e8595f_b

こんにちは、共同代表のしょーたろです。

最近地元の名古屋に帰る機会があったんですが、とても鼻の調子が悪くなりました。

いつからかわかりませんが、長期休暇で実家に帰省したり、仕事の関係で名古屋に来るたびに鼻炎がひどくなってティッシュを手放せなくなってしまいます。

これは「地元に戻ってくるな」というメッセージなのでしょうか??

ちょっぴり悩んでいるこの頃です・・・

 

さて、今回名古屋に帰った際にもたくさんの人、特に大学生の方々とお話しする機会があったのですが、そこで多かったのが「何か始めたいと思ってるんだけど、自分のやりたいことがわからない」という相談。

「何かしたい」というモチベーションと「何をしたらいいかわからない」というギャップに少しフラストレーションを感じている人もいたのでは?という印象を受けました。

なので今回は、”自分のやりたいことがわからないアナタ”に向けて、ご参考までに僕が自分のやりたいことを見つけるためにやってきたこと・やっていることを少しご説明させていただきます。

 

やりたいことはいくつあるの?

僕が死ぬまでにやりたいと思っていることは今日時点で140個あります!

「今日時点ってどういう意味?」

どーいうことかと言うと、僕は自分のやりたいことリスト(バケットリストっていいます!)を常に更新していて、他の人と話してる時に「それ面白そう!」と思ったら自分のバケットリストに追加したり、本や新聞を読んでて「ここに行きたい!」ってところを追加して、気がついたら140個もあったっていう感じです。笑

 

ただ個人的には数の多い少ないはあんまり気にしていないです。

例えば、僕のバケットリストの中に「死ぬまでに世界中の全ての国・地域を訪れる」ってのがありますが、現在世界には約200の国・地域が存在します。

てことは、それぞれの国や地域に行くことをやりたいことにした場合、200個のバケットリストが出来上がっちゃいます!

なので数が多いからどうこうっていうよりは、自分が本当にやりたいと思っていることが書けていればそれでOKだと思ってます。

 

昔からやりたいことがたくさんあったの?

色んな人と話しをする中でよく聞かれるもう一つの質問が、「昔からやりたいことがたくさんあったの?」という質問。

正直言ってしまうと昔はそもそもバケットリストっていう言葉すら知らなかったですし、自分のやりたいことをきちんと言語化する習慣なんてありませんでした。

「じゃあなんで今は140個のやりたいことが明確になっているのか?」

よく”人との出会いは人生を変える”なんて言われますが、僕はある方との出会いで人生の方向性が大きく変わりました

その方から紹介された「成功の真実(ロッキー リャン著)」という本を読んでみると、何やら「101個のやりたいことリストを作ろう!」と書いてあります。

「成功とやりたいことってどんな関係があるんだろう?」最初は半信半疑でしたが、その時から僕の“自分のやりたいことを見つける旅”がスタートしました。

 

自分のやりたいことを見つけるためにやってきたこと

①やりたいことをやっている人から話しを聴く

「自分のやりたいことがわからないなら、やりたいことをやっている人から直接話しを聞こう!」

シンプルですけどスゴく効果的でした。

ちょっと固い話しになりますが、人間って同調性の生き物だと思うんです。

例えば、「赤信号 みんなで渡れば 怖くない」っていう言葉がありますよね?

赤信号を渡ることって本当はダメなことだし、一歩間違えばリスクを伴う行為だと思うんですが、”みんなで渡れば 怖くない”って言われています。

つまり一般的にはリスクがあるって言われていることでも、他の人が渡っている姿を見て「自分もできるかも?」と思ったり、仲間と一緒にやることで「自分もできる」と思えたりするんです。

赤信号理論ではないですが、すでにやりたいことを実践している人から直接お話しを聴くことで「自分でもできる」とか「やりたいことを実践できる人生にしたい」と思えるようになりました!

 

もう一スパイス加えておくと、ただ単に聴くだけではなくて「何で〇〇をやりたいと思ったんだろう?」とか「何で〇〇を実践しているんだろう?」といった理由・背景を教えてもらうことも大事だと思います。

②で詳しくお話ししますが、使命感に燃えている人も、ビジョンに熱い人も、冷静沈着に物事を突き詰めている人も、やりたいことをやっている人の多くは何かしらの原体験を持っています。

例えやりたいことが違っても、それに至った理由や原体験に共感できれば自分の中で新しい発見があると思いますし、同じような原体験があれば「自分にも何かできるかも」と思えるキッカケにもなると思います!

 

 

3534516458_48e4e8595f_b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Kanye

大手日系証券会社、外資系投資銀行でM&Aアドバイザーとして活動。成長よりも楽しさを求める人生に方向転換し、皆んなが助け合える小さな世界を創るために起業。